椎間板ヘルニアによる腰痛と右足のしびれ 40代女性 産後

アクティブ・エイジング カイロプラクティック 二子玉川 HOME > 適応症 > 腰痛 > 椎間板ヘルニア
> 椎間板ヘルニアによる腰痛と右足のしびれ 40代女性 産後
LBP
約2ヶ月前に子供のおもちゃを片付けている際に、激しい痛みを腰に感じた。その後、腰痛だけでなく右足にしびれを感じるようになった。半年前産後から慢性的に腰痛を感じていたものの、足のしびれを感じることはなかった。その後すぐに整形外科を受診し、レントゲンとMRIを撮り椎間板ヘルニアと診断された。右足のしびれはお尻からふくらはぎ、足の裏まで広がる。特に、長時間座っていたり、物を床から拾うために身体を前に倒すと悪化する。

画像検査ではL4/L5, L5/S1レベルにヘルニアの所見が確認でき、血流を良くする薬とビタミン剤、鎮痛薬を処方されたがあまり改善はない。その後、鍼と整体に通ったがこちらもあまり効果を感じることができなかったため、ホームページを見てアクティブエイジング カイロプラクティック二子玉川に受診を決めた。カイロプラクティックを受けるのは初めてである。

検査結果

ExamPhoto
・L5/S1レベルに感覚異常と筋力低下あり。
・下部腰椎の伸展時に強い痛みあり。
・右仙腸関節、右梨状筋への押圧で下肢への関連痛としびれあり。
・右SLR陽性

施術後の変化

短期集中ケア(2回/週の頻度)で9回の施術を行い、腰痛と右足のしびれはほとんど感じないレベルまで回復した。
Wada

和田のコメント

Wada

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは、産後から徐々に腰痛が始まり、結果的に椎間板ヘルニアにまで発展してしまったと考えられます。このようなケースは少なくなく、産後に骨盤が歪んでしまった状態や、腹筋や骨盤底筋群の筋力が低下したまま放置してしまうことで、身体を支える機能が低下し、次第に腰痛が悪化します。今回のケースでも、骨盤の関節や腰の下部を触ると強い痛みがあり、関節や筋肉の柔軟性が失われていました。幸いにも9回の施術で腰痛と足のしびれ共に回復しましたが、このように筋力が低下している患者様は一般的にもう少し時間がかかる傾向にあります。

そのため、産後はできれば一度骨盤の状態を確認し、必要に応じて出来るだけ早めに矯正することをお勧めします。また、自宅で1日5分間で良いのでスロースクワットや腹筋、プランクをして頂くことで腰痛の悪化や椎間板ヘルニアの発症を予防できます。育児でお忙しい中でも、時間を見つけて5分間だけ負荷をかけることは出来るのではないでしょうか?それだけの価値は十分にあります。

当院は、椎間板ヘルニアの保存療法に力を入れており、9割以上の方が手術を避けることができています。一方、何かの理由で改善・回復が期待できない場合は、椎間板ヘルニア手術の第一人者である出沢明先生の元にご紹介させていただく体勢を整えております。(出沢明PEDクリニック 二子玉川駅徒歩4分)

椎間板ヘルニアによる腰痛や足のしびれでお困りの方は、アクティブエイジング カイロプラクティック二子玉川にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。