筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛みについて

トリガーポイントによる腕の痛み・しびれの中でもトリガーポイントについてはご説明いたしましたが、トリガーポイントとは、いわゆる筋肉のコリのことです。このコリが引き金(トリガー)となり痛みが起こります。股関節でこの筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)が起こりやすい筋肉についてご説明いたします。

TFL(大腿筋膜腸筋); 股関節外転、内旋、そして長脛靭帯に張りを与える。
I-T Band(腸脛靭帯); 大腿筋膜張筋の作用によって緊張し、膝関節を安定させる。
大臀筋;股関節外転、伸展、外旋させる。
中臀筋;股関節伸展、外転、股関節を安定させる
梨状筋;股関節回旋、外転、伸展、股関節安定補助。

トリガーポイントは体のどの筋肉にも起こりうるわけですが、特にこの股関節に関しては、歩行や日常生活にも関わってきますし、腰痛や足のしびれなどの症状も生じますので早急にケアをする必要があります。

筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛みの特徴

・しこりのような塊
・押したり伸ばしたりすると強い痛みがある
・刺激した場所だけでなく他のエリアにも痛みやしびれが広がる

上記に述べた筋肉群はお尻のインナーマッスルの中で特に問題を起こしやすく、坐骨神経痛や関連痛を引き起こすことがあります。

筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛みの原因

トリガーポイントの原因は、慢性的な筋肉への負担です。まずはその根本の原因である、負担がどこから来るかを精査しなければなりません。多くの場合は長時間のデスクワーク、反復的な動作、悪い姿勢などにより過度に負担がかかり続けることで、筋肉は過緊張状態になり血行不良や老廃物の蓄積が起こります。この状態が長期化することでトリガーポイントが形成されると考えられます。また骨盤が不安定である場合も、股関節、臀部の筋肉が過剰に緊張し、トリガーポイントの形成させてしまいます。

筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛みに対するカイロプラクティックアプローチ

最も基本的なアプローチは、トリガーポイントのある筋肉を緩めることで、痛みやしびれは緩和します。その上で姿勢の調整、股関節の調整、骨盤の調整を行います。
当院では、一般的なアプローチで改善しない場合、ART(アクティブ・リリース・テクニック)やFAKTRのような最新の施術方法を選択し、非常に良好な結果を得ています。
また、筋肉と連動している関節の可動性や機能を高めることで、より早く症状から解放され、再発防止にもつながります。その上でストレッチやインナーマッスルの強化をすることでより健全な状態を保てるようなります。

筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛みでお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛みの症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら