胸郭出口症候群について

上肢をコントロールするための太い神経と血管は、首の横側から胸の前を通って腕に向かいます。
この神経や血管が筋肉の緊張や骨により圧迫をうけることで痛みやしびれなどの症状が出るのが胸郭出口症候群です。神経や血管が圧迫される場所や原因により、「斜角筋症候群」「肋鎖症候群」「小胸筋症候群」と命名されています。また、稀に肋骨の数が多く、頚椎と連結している奇形を持つ方がおり、この肋骨により神経が圧迫されることもあります。

胸郭出口症候群について

電車の吊り革をつかむような腕を挙上した状態を保つ姿勢や、デスクワークで肩が前方に入り込んだ姿勢がしばらく続くような時、また重いリュックサックを背負う時に肩や腕、手に痛みやしびれ、冷感などを感じる傾向があります。一般的にはなで肩の女性に多い症状ですが、筋骨が発達した男性にも過度な筋緊張により本症状がみられることがあります。

胸郭出口症候群について

主に、「斜角筋症候群」「肋鎖症候群」「小胸筋症候群」と3つの原因があります。共通していることは、首から肩、胸にかけての過剰な筋肉の緊張や猫背姿勢が関わっていることです。長時間のデスクワークが強いられる現代社会ではある程度仕方がないことではありますが、原因を理解することでしっかりと対応することができます。もし我慢した状態で長い期間放っておくと神経に損傷が起き、圧迫を取り除いても障害が残ってしまうことも考えられますので、早期のケアが重要です。

胸郭出口症候群に対するカイロプラクティックのアプローチ

胸郭出口症候群に対しては、次の3ステップが有効です。まず第一に、神経や血管が圧迫されている位置を特定し、適切に圧迫を取り除きます。次に、圧迫を繰り返さないよう、脊柱や骨盤を中心にバランス調整を行います。余裕のある患者さんには、体幹のトレーニングにより良い姿勢を保持できるよう指導します。この3ステップを適切に行うことで、ほぼ100%に近い回復が期待できます。

胸郭出口症候群でお悩みの方、なかなか改善されない腕の痛みやしびれでお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

胸郭出口症候群の症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。