腱鞘炎について

腱鞘炎は家事、パソコン作業、ゴルフやテニスのように手を頻用することで発症します。また産前・産後の女性にも多くみられますが、これは女性ホルモンも大きく関わっているためです。主に親指側に痛みが出ることが多く、ドケルバン症候群とも言われます。近年はスマートフォン使用の際に親指を頻用するため、スマホ症候群などと言われ、注目されています。

腱鞘炎の特徴

前述のように主に親指側に腱鞘炎は発生しますが、小指側にも起きることがあります。親指側の場合、親指を掌の中に入れて拳を作り、小指側に手首を曲げることで痛みが誘発される傾向があります(フィンケルシュタイン検査)。一般的には、指や手首を動かした際に痛みが出ますが、炎症が強くなると何もしていなくても痛みを感じることがあり、発赤や腫脹を伴うこともあります。当院にご来院される患者さんの大部分は、ゴルフやテニスなどのスポーツ、育児疲労、パソコンやスマートフォンの過使用による問題です。

腱鞘炎の原因

指や手首を動かす腱は、隣接する骨や筋肉と直接ぶつからないように、腱鞘というクッションの役割を果たす管に包まれています。日常生活で指や手首を動かす程度であれば、腱鞘の中を腱が滑らかに動くことで指や手首を快適に動かすことができます。しかし、長時間反復的に動かすことで、腱と腱鞘には摩擦が起き、徐々に微細な損傷が起きてしまいます。結果として炎症が誘発され、強い痛みが出ます。女性ホルモンの分泌に変化がある産前・産後、また閉経後は、腱鞘を狭くさせたり、また弾力性が失われることでより腱鞘炎になりやすくなります。

たかが腱鞘炎だと放って置く方が多いですが、自然治癒しない場合は腱と腱鞘が癒着する場合があり、バネ指のように指が完全に曲がらなくなったり、スムーズに動かなくなることもありますので早めの対処がとても大切です。

腱鞘炎に対するカイロプラクティックのアプローチ

炎症が強く起きている場合は、アイシングにより炎症を抑えることが先決です。また、サポーターを使って腱と腱鞘にかかる負荷を最小限に抑え、更なる損傷を防ぎます。炎症がおさまった時点で、指、手首、前腕の腱や筋肉の柔軟性をストレッチやPNFにより向上させます。同時に、指、手首、肘関節の機能障害を調整し、腱や筋肉にかかる負担を軽減します。腱と腱鞘に癒着がある場合、当院ではARTやFAKTRを用いて癒着を取り除いていきます。ほぼ100%改善・回復が期待できますので、早めの対処をお勧めいたします。

腱鞘炎の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら