テニス肘(外側上顆炎)について

テニス肘とは、バックハンドストロークでボールを打つ際の衝撃が、肘の外側(親指側)にかかることで生じる炎症です。肘の外側上顆にはバックハンドストロークの際に使用する筋肉が付着しており、繰り返し負荷がかかることで周辺の筋肉や腱に損傷が起きます。ゴルフ肘は同じようなメカニズムで肘の内側(小指側)に損傷が起きるため、内側上顆炎と呼ばれています。テニスにより発症することが多いためテニス肘と呼ばれていますが、必ずしもテニスだけで同部位を傷めるわけでなく、他の要因でもテニス肘(外側上顆炎)を罹患することがあります。

テニス肘(外側上顆炎)の特徴

バックハンドストロークにてボールを叩く際に肘の外側に痛みを感じます。またパソコン作業や雑巾絞り、重たいバッグを持つような動作でも同様に痛みを感じる傾向があり、肘の外側を押すと強い痛みが出ます。初めは我慢できるほどの軽い痛みや違和感が、徐々に悪化しテニスができないほどの強い痛みを感じるようになります。慢性的な問題となり、トリガーポイントが形成されると、肘だけでなく前腕や手にも関連痛が引き起こされることがあります。

テニス肘(外側上顆炎)の原因

ボールを打つ際にはとても強い負荷が肘にかかりますが、筋肉の柔軟性が低く、筋力や耐久性が弱いと次第に細かい損傷が引き起こされます。また、オーバーユース(使いすぎ)の場合は、十分な柔軟性や筋力があったとしても組織を傷めてしまうことがあります。日頃から柔軟性と筋力を高め、綺麗なフォームを身につけ、オーバーユースを避ける意識が必要です。また、過度のトレーニングをした後には、アイシングをすることで過剰な炎症を抑えることができます。近年では、必ずしもテニスにより外側上顆炎が起きるわけでなく、前述の通りパソコン作業や重たいバッグを持つ動作、ロードレースバイクでの負荷などでも痛みが出ることがあります。

テニス肘(外側上顆炎)に対するカイロプラクティックのアプローチ

急性の炎症が起きている場合は、2、3日アイシングを行うのが一般的です。その後、肘関節の機能障害を調整し、ストレッチやPNFにより筋肉の柔軟性を高めていきます。外側上課付近の筋肉や靭帯に癒着や拘縮があれば、ARTやFAKTRを用いて問題を改善します。また、筋力低下があるような場合、セラバンドによるトレーニングを行うことで怪我の再発を防止し、血流を良くすることで回復を早めることができます。肘関節付近の問題は、手首や肩の問題からも引き起こされることがあります。あまり知られていませんが必要に応じて手首や肩関節に対するカイロプラクティックの調整を行うことはとても有効であり、治りが悪い方や何度も繰り返している方は是非一度ご相談ください。

テニス肘(外側上顆炎)、肘の痛みやしびれでお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。 

テニス肘(外側上顆炎)の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。