肩こりStiff Shoulder

多くの方が悩まれる肩こりは、首や肩の筋肉が緊張し続け疲労した状態です。お風呂で温めたり、マッサージでほぐすと筋肉が緩むので肩こりは楽になります。しかし、肩こりの根本的な原因を取り除かない限り、筋肉はまた緊張を繰り返します。たかが肩こりとあまり気にしない方も多いですが、慢性的になると肩の筋肉は拘縮し、最終的に癒着してしまうこともあります。また、昔から肩こりは万病のサインとも言われています。心臓の問題や命に関わる病気にが隠れているありますので、やはり日頃から肩こりのケアをすべきでしょう。

代表的な肩こりの種類と原因

猫背(悪い姿勢)


頭は脳と水分で満たされています。そのため、約5kgほどの重さがあり、ボーリングの球が首の上にのっている状態です。普段はあまり意識しませんが、とても重い頭を首と肩の筋肉が支えているのです。頭が肩よりも前に出る、いわゆる猫背の状態だと頭を支えるために必要な力が数倍にも大きくなります。結果的に筋肉が過剰に緊張することになり、肩こりを感じるようになります。
実際、姿勢の綺麗な人ほど肩こりを感じていません。
カイロプラクティックは正しい姿勢に導きます。また、ピラティスやヨガを生活に取り込むことも
お勧めです。

デスクワーク


私たち人間は動物と一緒で、動くことで生きています。一日中身体を動かさずにいる機能はもともと持ち合わせていません。身体を動かし、筋肉が伸び縮みすることで体液の循環が活発になり、血液が全身に行き渡ります。そのため、長時間同じ姿勢でいると身体はすぐに凝り固まります。

睡眠中でさえ寝返りをして身体を動かし、寝起きには伸びを必要とします。同じ姿勢で何時間もデスクワークをすることは信じられないほど大きな負担をかけているわけです。

詳細はこちらをご覧ください。

運動不足


現代の生活はとても便利なものに囲まれているため、身体を動かす機会や必要性が圧倒的に少なくなりました。結果的に、筋肉や関節を使わなくなり、血液循環が悪くなり、疲労物質が代謝されにくい状態になりました。また、疲労感は身体を動かしたい本能を抑え、さらに悪循環に陥ることになります。この負の連鎖をすぐに断ち切らないと筋力は衰え、関節は不安定になり、さらに姿勢が悪くなり肩こりも酷くなります。運動は私達にとって必要なものですが、気合を入れすぎる必要はありません。ハーバード大学の研究では、適切な運動量は週に150分で良いことがわかっています。週に3回、一回あたり60分のウォーキングからコツコツはじめましょう。

筋肉の癒着


ある筋肉が動くときその周りの筋肉や組織との摩擦を防ぐために、筋肉は筋膜という膜で包まれています。悪い姿勢・長時間の同一姿勢・運動不足が長い期間続くと、筋肉と筋膜の間の滑りが悪くなります。その場所での血流や代謝が悪くなるため筋肉自体にさらに負担をかけ、その緊張がさらに肩こりを悪化させ、頭痛や目の疲れなど様々な症状を引き起こします。私たちは、高い効果と安全性から米国医療特許を与えられているART(Active-Release Technique)によるアプローチを取り入れています。長年の肩こりでお悩みの方は、ぜひ私たちにご相談ください。

精神的ストレス

慢性的なストレスは、副腎というホルモン調整に関わる組織に強い負担をかけます。
副腎は、自律神経調整、抗ストレス作用、そして水分調整機能を担っています。
結果的に、交感神経系が過剰に働き自律神経のバランスを崩します。また、コルチゾールという抗ストレスホルモンを過剰に分泌させ、身体に炎症や痛みを引き起こしやすい状態にさせます。さらに、免疫力、筋力、回復力、体液バランス、性ホルモンなど様々な機能に異常を引き起こします。また、精神的に落ち込むと肩が丸まり姿勢が悪くなるため、肩こりを悪化させます。 このようにして、肩こりや疲労感をはじめ全身の様々な問題につながるのです。

頚椎の変形


頚椎は7つの骨からなります。頚椎に負担がかかることで、歪みや動きの制限が生まれます。この状態が慢性的になると、関節が少しずつ変形していきます。歪みや動きの制限、変形があると関節だけでなく周辺の筋肉に非常に強い負担がかかります。ストレートネックがあるとその負担はさらに増えます。その結果、首や肩にコリを感じるようになるわけですが、変形が強くなると骨や椎間板が神経を圧迫し、腕や手にしびれが出ることもあります。最も重要なことは、常に関節の機能や配列を保ち、変形を予防することです。当院は頸椎変形の予防に力を入れており、カイロプラクティックに加えてピラティスやヨガを取り入れております。

内臓疾患が原因の肩こり

稀なケースではありますが、心臓・肺・胆嚢疾患やホルモン異常により、肩こりが引き起こされることがあります。このような場合は適切な医療機関を受診する必要があります。当院では詳しい問診と適切な評価を行い、必要な場合は迅速に医療機関へ紹介します。

肩こりの症例報告

□ 肩こりと首の痛みを訴え来院 50歳 女性 教師 二子玉川駅在住
□ 妊娠中の肩こり、腰痛と骨盤矯正を目的に来院 30歳 女性 事務職 上野毛在住
□ 肩こりと頭痛を訴え来院 41歳 女性 事務職 二子玉川在住
□ 慢性的な肩こりを訴え来院 27歳 女性 保育士 二子玉川在住
□ 慢性的な肩こり 38歳 女性 歯科医師 横浜在住
□ 整体とカイロプラクティックの違いを教えてほしい 36歳 女性 会社員 二子玉川在住
□ 自由が丘在住 肩こりを訴えて来院 29歳 女性 ピアノ教師
□ 41歳 女性 翻訳家 二子玉川在住 肩こりと腰痛を訴え来院
□ 43歳 女性 主婦 等々力在住  肩こりのため来院
□ 43歳 女性 主婦 二子玉川在住  肩こりのため来院
□ 30歳 女性 IT関係 二子玉川勤務  肩こりのため来院
□ 30代 フラダンサー 女性 溝の口在住 肩こりのため来院
□ 46歳 女性 主婦 二子玉川在住 肩こりのため来院
□ 28歳 銀行員 女性 上野毛在住 ひどい肩こりを訴えて来院
□ 43歳 女性 会計士 二子玉川在住 肩こりのため来院
□ 32歳 男性 システムエンジニア 等々力在住 肩こりと背中のはりを訴えて来院
□ 47歳 女性 事務職 高津駅在住 肩こりを訴え来院
□ 52歳 女性 主婦 上野毛在住 肩こりと首の痛みを訴え来院
□ 41歳 女性 百貨店販売員 上野毛在住 肩こりを訴えて来院
□ 33歳 女性 IT企業勤務 等々力在住 肩こりを訴えて来院
□ 30歳 女性 IT関係 二子玉川勤務  肩こりのため来院
□ 50代 主婦 二子玉川在住 肩こりのため来院
□ 27歳 女性 OL 上野毛在住 肩こりを訴えて来院
□ 37歳 女性 弁護士 二子玉川在住 肩こりと背中の痛みのため来院
□ 39歳 女性 IT関係勤務 二子玉川在住 慢性的な肩こりを訴え来院
□ 34歳 女性 看護士 自由が丘在住 学生時代からある慢性的な肩こりと頭痛を訴えて来院