スタッフ

井田

井田 知孝


米国公認 カイロプラクティックドクター
米国公認 ARTプロバイダー


MORE 
井田

井田 知孝


米国公認 カイロプラクティックドクター
米国公認 ARTプロバイダー


MORE 
Profile
メッセージ
父が医者であった影響もあり幼い頃から医療に興味を持ち、将来はなにか人の健康に関わる仕事をしたいという想いが強くありました。私はカイロプラクティック通じて多くの方と接する度に、この道を選んで本当に良かったと思います。残念ながら日本ではこのカイロプラクティックを正しく理解されておりません。より多くの方にこのカイロプラクティックの優れた可能性を知って頂くためにも、2人の仲間と共に全力で皆様の健康をサポートして参ります。
職歴
Trimed Health and Welness  勤務
Clinton Back and Neck 勤務
IDAカイロプラクティック二子玉川開院
IDAカイロプラクティック岐阜開院
Active-Ageing カイロプラクティック二子玉川 開院
資格
カイロプラクティック国家資格  -U.S.A.-
応用理学士- U.S.A.-
理学療法国家資格 -U.S.A.-
Active Release Technique 上肢,下肢,脊柱,神経絞扼
趣味
ランニング
トレイルラン
料理―燻製作り
教育
Palmer College of Chiropractic D.C. 卒業  
Palmer College of Chiropractic B.S. 卒業
坂西

坂西 龍之介


米国公認 カイロプラクティックマスター
米国公認 臨床研究修士


MORE 
坂西

坂西 龍之介


米国公認 カイロプラクティックマスター
米国公認 臨床研究修士


MORE 
Profile
メッセージ
中学から高校時代にサッカーでたくさんケガをして、身体を痛めずに身体を動かしたり運動をする方法を探しました。その為に必要なのは健康的な身体の状態だと気づき、その状態を手に入れるためには身体の軸である背骨を整えるカイロプラクティックにたどりつきました。新しい情報は分進秒歩で研究・発表されています。カイロプラクティックの哲学と臨床スキルを最新の情報の上に組み立てそれぞれの患者さんに提供し、よりアクティブに毎日を過ごせるよう応援いたします。
職歴
米国衛生研究所付属パーマー研究所 -U.S.A.-
ウイケアカイロプラクティック
リガーレカイロプラクティック新宿
Active-Ageing カイロプラクティック二子玉川 開院
資格
修士号(臨床研究) -U.S.A.-
カイロプラクティック理学士 -Australia-
応用理学士(医科学) -Australia-
趣味
フットサル
ランニング
トレイルラン
スイミング
ギター
ピアノ
教育
ロイヤルメルボルン工科大学日本校 卒業
パーマーカイロプラクティック大学修士課程 修了 -U.S.A.-
国際スポーツカイロプラクティック科学課程 修了
所属学会
日本カイロプラクターズ協会 正会員/研究委員会 
日本スポーツカイロプラクティック連盟 会員/国際研究員
国際スポーツカイロプラクティック連盟 会員
Golden Key International Honour Society 会員
和田

和田 勝義


米国公認カイロプラクティックドクター
米国公認機能神経科専門医
SALOMONメディカルアドバイザー
タッチラグビー日本代表チーム メディカルスタッフ


臨床歴10年以上、述べ30,000名以上の施術実績。専門は椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症で、これまで多くの患者さんを回復に導く。

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の手術において、国内トップレベルの実績を誇る名外科医、出沢明先生と連携し、手術後ケアも行う。プロアスリートのケアにも力を入れている
和田

和田 勝義


米国公認カイロプラクティックドクター
米国公認機能神経科専門医
SALOMONメディカルアドバイザー
タッチラグビー日本代表チーム メディカルスタッフ


臨床歴10年以上、述べ30,000名以上の施術実績。専門は椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症で、これまで多くの患者さんを回復に導く。

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の手術において、国内トップレベルの実績を誇る名外科医、出沢明先生と連携し、手術後ケアも行う。プロアスリートのケアにも力を入れている
MORE 
メッセージ
小学生からサッカーを始め、大学卒業までプロ選手を目指し練習に明け暮れていました。浦和レッズユースチームに所属し、高円宮杯全日本選手権優勝などメジャー大会でのタイトルを経験し、順調にキャリアを歩んでいた矢先、怪我を繰り返すようになり、オーバートレーニング症候群にも悩まされるようになりました。

様々な医療機関に通院する中で、医療やヘルスケアは「患者さんのためにあるもの」にも関わらず、「医療者のためのもの」になっていると実感し、患者さんが置き去りにされている現実に大きな矛盾を感じるようになりました。また、現代医療は病気を特定するために眼に見える構造や数字に着目するあまり、健康に必要不可欠な身体機能や心の存在を軽視してしまっていることに気付きました。

自らの患者としての経験を通じ、医療者の立場としてこのような問題を解決していきたいと決意し、カイロプラクティックの世界に飛び込みました。少しでも患者さんの期待に応えることができ、お役に立てるようベストを尽くすことがモットーです。
wada-edu wada-cert
wada-association wada-lecture
wada-medicalstaff wada-media