足首の捻挫について

足首の捻挫を経験されたことのある方は多いと思います。歩いている時や階段の昇降、スポーツ中に足首を捻ることで引き起こされます。多くの場合、内反捻挫といって外踝側の靭帯を傷める傾向があります。

足首の捻挫の特徴

踝を中心に足首が腫れ、発赤を伴うこともあります。足をつくだけで痛みが出ることもありますが、軽症の場合は何とか歩くことができ、重症の場合は安静にしていてもジンジンとした痛みを感じることがあります。昔からたかが捻挫と軽く見られてきましたが、近年では早期に適切な対処を行わないと靭帯が伸びたままの状態となり、関節の不安定性や機能障害が残ってしまうことが明らかになっています。足は地面に接する唯一の場所ですから、不安定性や機能障害があると、身体のバランスに異常を来たし、姿勢の悪化や腰痛、肩こり、怪我を繰り返すような問題につながります。

足首の捻挫の原因

足首の正常な可動域を超える動きをするために、靭帯や筋肉が過剰に引き伸ばされ損傷することが原因です。また、足首や足の裏のバランスを司るセンサーの機能低下や、足関節の機能障害、足の形が崩れているなどの隠れた問題があると、ちょっとしたことで足首を捻挫してしまうことがあります。

足首の捻挫に対するカイロプラクティックアプローチ

足首の捻挫の場合、まずはPRICEという処置を3日ほど適切に行います。
 
Protection: 保護
Rest: 安静
Ice:アイシング・冷却
Compression:圧迫
Elevation:挙上
 
その後、炎症による痛みや腫れが軽減した時点で、足首の関節機能障害を調整し、回復を早めることにより予後が良くなります。また足首を使うスポーツをされている方は、怪我をする前のパフォーマンスにより近づけることができます。もし受傷時に適切なケアができなかった場合、腫れが残り、治癒過程で癒着が起こることがあり、足首に関わる筋肉や靭帯、関節の機能を著しく低下させる可能性があります。その際は、当院では米国医療特許を持つARTという専門的なアプローチにより癒着や機能障害を改善させます。

足首の捻挫でお悩みの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

足首の捻挫の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。