脊柱管狭窄症による間欠性跛行を伴う腰痛と足のしびれ(50代 女性

アクティブ・エイジング カイロプラクティック 二子玉川 HOME > 適応症 > 腰痛 > 脊柱管狭窄症
> 脊柱管狭窄症による間欠性跛行を伴う腰痛と足のしびれ(50代 女性)
LBP2
腰痛と足のしびれは半年前から感じるようになった。10年以上前から慢性的に腰痛があり、たまにギックリ腰を経験していたものの、足のしびれは無かった。3ヶ月前から5分ほど歩くと右のお尻からふくらはぎ、そして踵まで強い痛みとしびれを感じるようになった。大学病院で脊柱管狭窄症と診断され、画像検査ではL5/S1レベルに強い変形と狭窄所見が確認された。血流を良くする薬とビタミン剤、鎮痛薬を処方されたが良くならず、医師からは手術を勧められている。

思い当たる原因として、社会人になってから体重が20kg近く増加してしまったことや、一日中デスクワークをしてきた事が考えられる。思い返すと運動もあまりしてこなかったので筋力も落ちている気がする。最近は会社まで通勤できないために、自宅で仕事をしている。何とか手術しないで良くしたいと思い、整体や鍼治療、アーユルヴェーダ、気功などあらゆる治療法を試したが望ましい効果が得られなかった。ホームページを見てアクティブエイジング カイロプラクティック二子玉川の受診を決めた。

検査結果

ExamPhoto
・L5/S1レベルに感覚異常と筋力低下あり(4/5)
・L5/S1椎間関節の伸展時に強い痛みあり
・右仙腸関節、右梨状筋、中臀筋、小臀筋への押圧で下肢への関連痛としびれあり
・ご持参頂いたMRI画像では、L5/S1レベルに中度以上の変形あり

施術後の変化

短期集中ケア(2回/週の頻度)で5回の施術を行い、足のしびれは半減し30分以上歩けるようになった。その後さらに同じペース5回の施術を行い、間欠性跛行は70%ほど改善し、1時間以上痛みやしびれを感じずに歩けるようになった。

現在は2週に1度のペースに移行し、施術を継続中である。担当医師からはこの調子で改善していけば手術を行わずに済むと言って頂くことができ、希望の光が見えてきた。
Wada

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは、体重増加と長年のデスクワークによる負担、そして筋力低下により、大きく2つの問題が併発している可能性が考えられました。

1つ目の問題は、医師の診断通りL5/S1レベルの脊椎変形による脊柱管狭窄症です。明らかな間欠性跛行や筋力低下、感覚異常が確認できました。従って、この問題に対しては手技による減圧療法を行い、可能な限り神経への圧迫を除去するようアプローチしました。

2つ目の問題は、仙腸関節と筋肉の問題からの関連痛です。関節に歪みや動きの制限、もしくは過剰な動きが起きることで、その部位だけでなく、離れたところに痛みやしびれを生じることがあります(関連痛)。骨盤の仙腸関節の場合、お尻や大腿後面、ふくらはぎ、踵から足の裏に広がります。この状態を仙腸関節症候群と言います。

また、筋肉の柔軟性が長期間失われることでトリガーポイントと呼ばれるシコリが形成されます。一旦シコリが出来てしまうと、自然に元に戻ることが難しく、徐々に関連痛を引き起こすようになります。今回のケースでは、梨状筋、中臀筋、小臀筋にトリガーポイントが確認でき、足のしびれや痛みが誘発されました。

この2つ目の問題は、1つ目の問題とは異なり病院での画像検査では分かりません。そのため、触診や手技による誘発検査にて確かめる必要があります。この患者さんの場合、明らかな画像所見と症状から典型的な脊柱管狭窄症による間欠性跛行が生じているものと思われましたが、実際には関節と筋肉の問題も高い割合で愁訴に関わっていたことが考えられます。

今回のように、脊柱管狭窄症と診断を受けた場合でも、隠れた機能的な問題も同時に併発しているケースがあります。医師から手術を勧められた場合でも、重度の筋力低下を発症していないレベルであれば保存療法を試す価値があります。また、当院は脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニア手術の名医である出沢明先生と協力し、保存療法では対応できない場合は速やかにご紹介させていただく環境を整えています。

脊柱管狭窄症による足のしびれ、間欠性跛行でお困りの方は、アクティブエイジング カイロプラクティック二子玉川にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。