5ヶ月続いた足底筋膜炎が、10回のカイロプラクティックとピラティスで改善した(40代 男性)

アクティブ・エイジング カイロプラクティック 二子玉川 HOME > 適応症 > 足や足首の痛み・しびれ > 足底筋膜炎
> 5ヶ月続いた足底筋膜炎が、10回のカイロプラクティックとピラティスで改善した(40代 男性)
pl
5ヶ月前から急に左足の裏の違和感が気になり始め、寝起きや仕事終わり(デスクワーク)には痛みも気になるようになった。。時間が解決するという考えは甘かったらしく、痛みは日増しに悪化し、通勤も辛くなってきた。整形外科を受診すると、レントゲンで骨棘(骨がとがっている状態)が見つかり、足底筋膜炎と診断された。痛み止めとテーピングをしてもらい少し楽になったが、改善している実感はない。負担を減らすように言われても、最低限の距離しか歩いていないためこれ以上減らしようがなく、近くの整体に駆け込んだ。足の裏をほぐしてもらうと施術後はかなり楽になった。帰宅しても痛みは感じなかったため改善を期待していたが、翌朝にはまた痛みが戻っていた。整体師は徐々に良くなると言い、1ヶ月で10回ほど通ったが平行線だった。整体以外の治療法を探していると、Facebookで友達が二子玉川にあるアクティブエイジング カイロプラクティックを勧めてくれたので、家と職場から少し遠いが予約した。

検査結果

ExamPhoto
・持参していただいたレントゲンにて骨棘を確認
・左かかとに圧痛
・左足底筋膜の緊張と圧痛
・左足にゆがみがあり、足首にかかわる筋肉のアンバランスもある
・重心が左に寄り、片足立ちがほとんどできない

施術後の変化

最初の2回はわずかな痛みの軽減だったが、3回目より施術の後にピラティスを行い、改善が実感できた。具体的には朝の痛みの強さが減り、通勤時の痛みがなくなってきた。5週間で10回のカイロプラクティックケアと6回のピラティスが終わると、痛みは全くなくなった。また、片足立ちが少しできるようになり、歩くのが以前より軽くなった気がする。

担当カイロプラクター:坂西のコメント

Ban

担当カイロプラクター:坂西のコメント

今回のケースは足底筋膜炎が、比較的スムーズに改善してくれたケースです。一般的に足底筋膜炎の8割以上は何もしなくても12ヶ月以内に改善されますが、悪化や再発する場合もあります。適切なケアにより悪化を防ぎ、治癒速度を高めることが可能です。足底筋膜炎は、足底筋膜に慢性的なストレスがかかることで起こりますので、その部位へのアプローチは大切です。しかし、そもそも何が足底筋膜にストレスをかけていたのか見つけ出し、そのストレスを取り除かない限り、問題は解決せず再発リスクが残ります。

この方は骨棘があるために治らないことを心配されていましたが、これまでの研究結果によると、骨棘があるからと言って治らないというわけではありません。足底筋膜炎のある方の5割、そして足底筋膜炎やその他症状がない方でも3割の方に骨棘が見つかります。しかし、骨棘はそこに過負荷がかかっているという、バランスの悪さを示唆しており、そのバランスの悪さは改善する必要があります。

この方の場合、足首にゆがみと筋肉のアンバランスがありました。さらに、そのゆがみがあるところに体重がかかり、体幹がしっかりしていないために体重が不適切に足に伝わっている状態でした。そのため、カイロプラクティックにピラティスを合わせて受けていただいたところ、比較的早く症状を改善することができました。今では問題なく歩けることをとても喜ばれており、身体を動かす楽しさも分かってきたと仰られたのが印象的でした。

足底筋膜炎でカイロプラクティックや整体をお探しの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブエイジング カイロプラクティックへお気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。