産後の腰痛ケアと骨盤矯正を目的に来院 35歳 女性 主婦 二子玉川在住

現在産後3ヶ月で、腰痛は妊娠7ヶ月頃から始まった。妊娠中からカイロプラクティックのケアを受けたかったが仕事が忙しく機会を逃してしまった。産後は育休をもらえたため、しっかりと腰痛と骨盤のケアをしたいと思い、アクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川を受診した。腰痛は抱っこをしていると特に痛む。また、以前はけたデニムがきつくなってしまい、骨盤が開いているように感じる。たまに股関節も痛くなることがあるのが気になっている。

検査結果

・腰椎の前弯カーブが強くなり、反り腰姿勢となっている。
・腰椎を伸展すると腰痛が悪化する。
・下部腰椎の可動域が制限され、骨盤関節(仙腸関節と恥骨結合)に圧痛と歪みが確認できる。
・腹筋と大臀筋の耐久性テストにより、わずか5秒ほどで不安定性が確認できる。

施術後の変化

はじめの10回の施術は週に2回の頻度で行い、特に下部腰椎と骨盤矯正を中心に施術を行い、身体の土台を整える施術を行った。10回目の来院時に腰痛は80%ほど改善した。現在、2週間に1度の来院頻度に変更し、育児の負担がかかりながらも腰痛は80%ほどの改善を維持できている。また、デニムパンツも問題なくはけるようになり、股関節の痛みの頻度も少なくなっている。

担当カイロプラクターのコメント

産前産後の腰痛、骨盤の歪みや開きはお母さんにとってはとても辛く気になるお悩みだと思います。最近では、骨盤ベルトや骨盤調整をする意義が広まり、皆さん積極的にケアを受けるようになってきましたが、それでもまだベルトの巻き方や骨盤矯正に対してあまり理解されていない方も多くいらっしゃいます。適切なケアを行うことで、早期に良好な状態に戻ることが可能ですし、育児による負担を軽減させることができます。また、骨盤の歪みや開きをケアしておかないと、慢性腰痛やぎっくり腰を繰り返すリスクも高まります。

今回のケースでは、妊娠中には腹筋が引き伸ばされ、大臀筋と共に腰や骨盤を安定させる機能が低下していることをご説明し、ご自身が自宅でマタニティピラティスのリハビリを行っていただいていることも腰痛をうまくコントロールできているポイントだと思います。当院は産前産後ケアや骨盤矯正に対する専門的な知識、技術によりアプローチし、世田谷エリアで6年以上多くのママさんの施術を行っていた実績があります。スタッフ自身も父親として育児経験があることも、皆様のケアを行う上で役に立っています。

産前産後の腰痛ケアや骨盤矯正は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。