オスグッド・シュラッター病について

オスグッド病は、成長期のスポーツ障害の代表的な疾患で、オーバーユース(使いすぎ)により発症します。成長期には骨が急成長する一方で、筋や腱などの軟部組織は同じスピードで成長しません。そのため、筋肉や腱は常に引っ張られる状態となり、相対的に硬い身体になる傾向があります。このメカニズムにより大腿四頭筋は硬く張力が強くなり、筋肉が付着する膝下の脛骨(すね)に強い負荷がかかりやすい状態となります。この状態で、ジャンプやダッシュなどの繰り返しの動作による牽引力が加わることで脛骨に炎症が、起き腫れや痛みが起きます。酷い場合には、骨が剥がされることもあり、その後の骨の成長にも影響を与えます。

オスグッド・シュラッター病の特徴

10代前半の男子が圧倒的に多く、サッカー、バレーボール、陸上競技、バスケットボール、バドミントンのようなスポーツでは非常にリスクが高くなります。スポーツ全般で発生しますが、特にジャンプ動作での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作で起こりやすく、膝の下の脛骨部分の痛みと腫れ、熱感、強い圧痛が特徴です。

レントゲンとMRIが最も望ましい検査方法とされており、大腿四頭筋の付着部である脛骨の骨端核(骨の芯)の変化や遊離骨片、骨軟骨を覆う膝蓋腱の肥厚や周囲の炎症が確認されます。

オスグッド・シュラッター病の原因

成長期にスポーツで求められるジャンプ、ダッシュ、キックの反復的な動作による負荷がかかることが原因です。オーバーユース症候群(使いすぎ)と呼ばれ、日本の伝統文化である根性論を全面に押し出すような練習により、発症する傾向があります。

オスグッド・シュラッター病に対するカイロプラクティックアプローチ

急性期の応急処置はアイシングと圧迫が最も有効です。改善・回復と予防には、大腿四頭筋のストレッチが不可欠であり、必要に応じてオスグッド用の膝サポーターも有効です。また、大腿四頭筋が付着する骨盤や、大腿四頭筋が通過する股関節や膝関節のバランスと機能を調整することもオスグッド病を改善・回復させることに役立ちます。

成長期が過ぎると骨も固まりますので、症状はいったんおさまる傾向にあります。しかし、成人以降に無理に強い力が加わると痛みが再発し、オスグッド後遺症と呼ばれる症状が出ることがあります。そのため、日常的に大腿四頭筋を中心に筋肉の柔軟性を高め、骨盤から下肢のバランスを整えておく必要があります。
 
オスグッド病でお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

オスグッド・シュラッター病の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。