モートン神経腫(モートン病)について

足の裏の痛みやしびれの中で、よく見られるのがモートン神経腫です。第3趾と第4趾の間、または第2趾と第3趾でよく起こる病気ですが、他の指の間でも起こります。足の趾の間にある神経に炎症が起き、感覚異常が現れます。神経腫という名前から悪性腫瘍のような印象を受けますが、モートン神経腫は仮性神経腫という痛みのある腫瘤であり、癌ではありません。

モートン神経腫(モートン病)の特徴

モートン神経腫の特徴は、2本の趾にまたがって症状が出てくることです。個人差はありますが、主に第3-4足趾間、第2-第3足趾間の痛み、しびれ、灼熱痛などの感覚異常が出ます。足指付け根付近の小さく痛みのある腫瘤や、軽く叩くと痛みが誘発されるサインも特徴の一つです。足の指を背面に反らすことでも痛みが誘発される傾向があります。
モートン神経腫は中年以降の女性に多く見られる障害です。

モートン神経腫(モートン病)の原因

ハイヒールを頻繁に履く、つま先立ちをする格好が長時間続く、硬い地面をジョギングするような継続的な負荷がモートン神経腫の引き金となります。足指の付け根の関節に体重がかかる際、指先に向かう神経が靭帯(深横中足靱帯)と地面の間で圧迫されることが原因です。繰り返し圧迫や衝撃が加わることで足底の神経に炎症が起きます。

モートン神経腫(モートン病)に対するカイロプラクティックのアプローチ

モートン神経腫に対してカイロプラクティックでは、足関節や骨の歪みを整え、神経が圧迫されやすくなっている状態を改善します。神経を圧迫する靭帯が肥厚していたり、癒着が起きているケースもありますので、その際はART(アクティブ・リリース・テクニック)を用いて適切に問題を取り除きます。足の筋肉が弱っていると土踏まずのアーチが崩れて神経を圧迫しやすい状態を生み出すため、リハビリにより足の筋肉と安定性を鍛えます。

また、状態によりインソールを着用していただき、神経にかかる負荷を軽減します。
モートン神経腫に対する医学的アプローチは、外科手術により神経腫を取り除き、靭帯の切除を行いますが、当院にこれまでご来院された患者さんは手術を避けることができ、改善・回復されています。モートン神経腫は回復まで少し時間がかかる傾向はありますが、適切なケアを行うことで解決できますのでご安心ください。

モートン神経腫(モートン病)でお悩みの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

モートン神経腫(モートン病)の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら