腰痛Low Back Pain

腰は5つの腰椎と周辺の筋肉により構成されています。腰椎は身体の土台となる骨盤により支えられています。腰の役割は体幹を安定させ、同時に様々な方向に動くことです。また、内臓と脊髄する役割も担っています。そのため、腰の問題は様々な機能に悪影響を与えることになります。健康を守るためには腰の正しいバランスや機能が欠かせません。

私たち人間が腰痛を患うようになった理由は、直立二足歩行の代償だと考えられており、現代人の約90%は生涯に一度は腰痛になるという報告があります。腰痛を感じる場所は人により様々で、痛みの種類も多様です。腰だけでなく足にも痛みを伴うこともあります。慢性化しやすく再発のリスクも高いため、多くの方が腰痛で苦しんでいます。しかし、残念ながら医学的に腰痛の原因が解明されているのはわずか15%です。残りの85%は明確な医学的診断ができないため、薬や手術以外のアプローチが必要です。カイロプラクティックは、西洋医学的には解明されていない腰の「機能」に着目し、腰痛に対して非常に良好な成果を得ています。米国政府レベルでの研究でも、非常に安全で高い効果が認められています。

代表的な腰痛の種類と原因

ぎっくり腰(急性腰痛)


急激な負荷が腰にかかることで、筋肉や靭帯、関節が損傷し炎症が起きます。軽症の場合、違和感やわずかな痛みを感じる程度ですが、損傷がひどい場合は動けなくなるほど強い痛みが出ます。救急車を呼ぶ患者さんもいるほどです。強い痛みにびっくりする患者さんは多いですが、一般的に3日ほどで急性炎症はおさまり、痛み自体は軽減します。痛みがおさまると「治った!」と思ってしまいがちですが、損傷部位は明らかに弱くなっており、痛みをかばう姿勢のために関節が歪み、周辺の筋肉に過緊張が起きています。この問題を適切にケアしておかないと、違和感や痛みの再発を繰り返し、慢性的な腰痛につながってしまいます。カイロプラクティックはぎっくり腰を適切にケアできる優れた施術法です。

詳細はこちらからご覧ください。

慢性腰痛


ぎっくり腰やちょっとした腰痛を何度も繰り返してきた場合、慢性腰痛へと移行するリスクが高まります。慢性腰痛の原因は未だに完全には解明されていませんが、脊柱や骨盤、股関節の歪みや機能障害、体幹の筋力や柔軟性の低下、筋膜の癒着、生活習慣の乱れ、そして精神的ストレスなどが複合的に関わっていると考えられています。

急性腰痛の場合はおおよそ3日で大きな改善がみられますが、慢性腰痛の場合は身体の体質改善をする必要もあるため、より時間がかかる傾向があります。しかし、適切なカイロプラクティックケアと生活習慣を正すことで多くの場合、良好な結果を期待することができます。

詳細はこちらからご覧ください。

反り腰


本来の腰は、首と同様に前に凸のカーブがあります。このカーブが大きくなることが反り腰で、腰の前後のバランスが崩れた状態です。簡単な反り腰のセルフチェックは、壁を背にして立った状態で腰に掌をいれる事ができるかどうかです。仰向けで寝ていて腰が浮いているような感覚がある方も反り腰の可能性があります。

前後バランスが崩れた状態である反り腰があると、お尻が垂れる、下腹ぽっこり、前すねと太ももがパンパンに張ったりと見た目に影響します。また、腰周りの筋肉のアンバランスは疲労を蓄積させたり、ぎっくり腰の引き金にもなります。上半身と下半身の連動が取りにくいため、猫背や首・肩の症状を引き起こすことがあります。長い時間高いヒールを履く女性に多く見られます。

詳細はこちらをご覧ください。

椎間板症候群


腰椎の間には、クッションのような緩衝材の役割を果たす椎間板があります。クッションの中心には髄核というボール状の物質がありますが、椎間板に傷がつき、この髄核が飛び出てしまう状態を椎間板ヘルニアといいます。しかし、髄核が飛び出さない状態でも、椎間板に小さな傷がつくことがあります。椎間板が傷つくと、椎間板から関連痛が起きることがあり、主にお尻から太ももにかけて重だるい痛みが広がります。椎間板ヘルニアとは異なり、膝の下まで痛みが広がらないことや、電気が走るような痛みではないことが特徴です。

また、椎間板が傷ついた際の炎症が隣接する神経に広がることで、下肢まで痛みを感じるようになることもあります。朝起きたとき、着替えや靴を履く際、咳やくしゃみにより痛みが悪化する特徴があります。椎間板症候群はヘルニアとは異なりMRIでは鑑別するのが難しいため、見逃されることが多いです。当院は椎間板症候群のケアを非常に得意としています。

詳細はこちらからご覧ください。

筋・筋膜痛症候群(トリガーポイント)


長時間のデスクワーク、反復動作は筋肉に負担をかけ続けます。筋肉は常に緊張状態となり、血流を妨げ老廃物が蓄積し、コリが形成されます。このような状態が長く続くと、筋肉は問題を起こしていない別の場所にも痛みやしびれのような関連痛を引き起こすことがあります。 
筋肉が関連痛を引き起こす状態が、筋・筋膜痛症候群(トリガーポイント)です。
このようなトリガーポイントに対して、当院ではカイロプラクティックに加えて米国医療特許を取得したART、特殊なツールを用いたFAKTRを利用して良好な成果をあげています。

椎間関節症候群


腰椎の前方部分は互いに椎間板によって連結されていますが、後方部分には関節があります。この関節を椎間関節と呼び、背骨が反りすぎないように動きを制御し、腰を安定をさせています。腰の曲げ伸ばしの反復動作や、腰が反った状態で常に負担がかかっていると関節に痛みを感じます。身体を捻ったり反ったりするゴルフや野球、サッカーなどのスポーツや、妊娠後期の方はリスクが高いため要注意です。椎間板症候群と同様に、お尻や太ももに関連痛を引き起こすこともあります。カイロプラクティックは、椎間関節症候群の最も効果的な選択肢です。おおよそ3回の施術で痛みがなくなるのが一般的です。

詳細はこちらからご覧ください。

仙腸関節症候群

骨盤は、仙骨と左右の腸骨、3つの骨で構成されています。2つの腸骨は前方の恥骨で繋がり、後方で仙骨とそれぞれ関節を形成します。この後方の関節が仙腸関節であり、一般的に「骨盤の歪み」が生じる場所です。仙腸関節にズレや歪みがあると腰痛や足の痛みを引き起こすことがあります。また骨盤は身体の土台ですので、この症状をお持ちの方は腰や股関節だけでなく、首や肩まで負担がかかり不調を訴えることがあります。
10~30代の若い女性、ハイヒールをよく履く人、産前・産後の時期、足を組む、長時間デスクワークをする方に問題を訴える方が多いです。また、サッカーのように左右非対称に足を使うスポーツや、トライアスロンやロードレーザーで長距離のバイクに乗る方も仙腸関節に問題を抱えるリスクが高まります。
西洋医学、特に整形外科の分野では、仙腸関節は長年動かない関節だと認識されてきました。しかし、カイロプラクティックでは起源当初から仙腸関節の動きと機能に着目し、手技による調整で非常に良い効果が出ています。

椎間板ヘルニア


椎間板とは背骨と背骨の間に挟まっているクッション状の軟骨です。この椎間板障害の代表がヘルニアですが、ヘルニアが起こる原因としては①圧迫、②捻じり、③振動の3つが考えられます。トラックのドライバーのように長時間運転に加え振動を受ける状態、引越し作業のように前屈みで重いものを上げ下げする動作、身体を捻じり強く回転させるスポーツでリスクが高まります。
椎間板ヘルニアは重症化すると手術を必要とする怖い病気ですが、当院では椎間板ヘルニアによる神経障害の進行が止められなかったケースはごく数例で、多くの患者さんが手術を避けることができています。欧米では、椎間板ヘルニアに対する保存療法の一つに、カイロプラクティックが推奨されていますが、それだけ安全で効果をあげてきた経緯があります。また、アメリカではカイロプラクティックのドクターが医学部の学生に椎間板ヘルニア治療の授業を行っている例もあります。

詳細はこちらをご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症


脳からつらなる脊髄は背骨の中を通過しており、この通路を脊柱管と言います。何かの原因で脊柱管が狭くなると、中を通る神経が圧迫されて腰や足に症状を引き起こします。米国国立衛生研究所(NIH)や米国整形外科学会(AAOS)、米国国立関節炎/骨格筋/皮膚疾患研究所(NIAMS)などの米国医療組織によると、カイロプラクティックが手術適応でない脊柱管狭窄症に対する安全で効果的な保存療法の一つであると報告されています。当院でも約7割の患者さんが手術を避けることができ、改善・回復されている実績があり、カイロプラクティックが脊柱管狭窄症に対する有効なアプローチであることを示しています。

詳細はこちらをご覧ください。

内臓・病気由来の腰痛

腰痛の85%は筋肉や関節の問題から起こり、約13%が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの比較的重度の疾患となります。残り1~2%とごくわずかですが、絶対に見過ごしてはいけないのが内 臓由来の腰痛です。これには大動脈瘤や前立腺癌、尿路結石など泌尿器・消化器・生殖器の腫瘍や疾患があります。大きな特徴は、動きと痛みに関連がないことです。 詳細な問診と検査、その後の経過観察で可能性が疑われる際は、早期に適切な医療機関の受診をお勧めいたします。

病院への受診が望ましい/必要なケース