反り腰について

反り腰とは、姿勢を横から見て腰のカーブが強くなり後ろに反っている状態のことです。お腹が前に出てしまうように見えるため、ぽっこりお腹とも言われたりします。女性に多く、腰と骨盤周辺の筋肉や関節において、前後のアンバランスがあることで引き起こされます。腰が反っていると腰椎の後ろにある関節に負担がかかり、腰痛や足の痛みやしびれが出たり、上半身のバランスが崩れて首や肩のコリや痛みにつながる場合があります。

反り腰の特徴

反り腰になると腹筋と背筋のバランスが崩れるため、腰への負担が大きくなります。反り腰を確認するための簡単なセルフチェックは、壁を背にして立った状態で腰と壁の隙間に掌を入れることができるかどうかです。拳が簡単に入ってしまう場合は反り腰が疑われます。また、仰向けで寝ていて腰が浮いているような感覚がある方も反り腰の可能性があります。
 
反り腰は高いヒールを履く女性や妊娠中や産後のお母さんに多く見られます。反り腰があると、お尻が垂れる、お腹がぽっこりする、前すねと太ももがパンパンに張ったりと、見た目や体調に大きく影響がでます。また、腰周りの筋肉のアンバランスは疲労を蓄積させ、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアの引き金にもなります。上半身と下半身の連動が悪くなるため、猫背になったり首や肩のコリや痛み、しびれを引き起こすこともあります。

反り腰の原因

反り腰の原因は、腰や骨盤周辺における前後のアンバランスです。腰はもともと少し前に凸のカーブがあります。正しい姿勢を維持するための筋肉やバランスが備わっている方は奇麗な姿勢を保つことができ、疲労がたまり難く、怪我をするリスクは低いです。一方、腰や骨盤がゆがみ、前後の筋肉にアンバランスがあると、腰を反ってバランスを取ろうとします。反り腰の人は、腰を反らせることでなんとか姿勢をまっすぐに保ち、転ばないようにしているのです。
 
ハイヒールを履いたり妊娠してお腹が大きくなると、重心はさらに前に移動します。そのままだと前に倒れてしまうため、腰を後ろに反らすことで前後のバランスを保とうとします。ハイヒールを履かなくなり、出産後でも反り腰が治らないのは、その状態を長い期間続けていたため、腰を反った状態が正常だと脳が記憶するためです。そのため、腰や骨盤の関節の状態や前後の筋肉のアンバランスだけでなく、脳に正しい姿勢を覚えこませる再教育が必要です。

反り腰に対するカイロプラクティックアプローチ

反り腰に対するケアで大切なことは、腰や骨盤の関節機能障害を取り除くことです。正しい骨格は筋肉のバランスを整えるためには不可欠です。必要に応じて背骨全体と下肢も調整します。仮に見た目の反り腰が変わらなくても、ゆがみの少ない身体では負担のかかり方や症状の出方が大きく変わります。
産後のお母さんなど長い期間にわたる反り腰では、関節周辺の筋肉や靭帯が癒着してしまう事もあります。このような場合は骨格の矯正だけでなく、米国にて医療特許を取得したART(アクティブ・リリース・テクニック)や特殊なツールを用いるFAKTRを使用して癒着を取り除きます。ピラティスを通じて前後の筋肉のアンバランスを整え、腰の正常なカーブを取り戻すためのリハビリを行うことで、施術効果をさらに高めることができます。反り腰の方は年々増えているように感じます。当院ではご来院される患者さんの9割以上が効果を実感され、反り腰にから来るひどい腰痛や辛さを克服しています。

反り腰や腰痛でお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

反り腰の症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら