股関節の痛みHip Pain

股関節は寛骨と呼ばれる腰の大きな骨がソケットのように凹んでおり、そこに大腿骨の先端がはまるように形成された臼関節です。股関節は足を上下、左右に動かしたり、回旋させたりできますが、体重を支えるため、強靭な靭帯や筋肉で覆われており、同じような構造をしている肩関節と比較すると可動域は狭くなりますが、より安定性があります。

しかし股関節は常に体重負荷がかかっていること、また年齢とともに骨が弱くなり、また関節の動きも悪くなることにより、さまざまな問題を引き起こします。

代表的な股関節の痛みの種類と原因

変形性股関節症


股関節の痛みの中で特に注意が必要な疾患が変形性股関節症です。変形性股関節症の有病率は120万人と言われており、特に女性に多いこともこの疾患の特徴です。先天的な股関節の形成不全の後遺症によるものが多く、子供の頃に先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全と言われていた方は注意が必要です。関節に形成不全があった場合、股関節の屋根にあたる部分で体重を支える際に、通常以上の負荷がかかってしまいます。これを長年繰り返すと、軟骨がすり減り、次第に破壊され、骨自体が変形していってしまいます。初めのうちは、長く歩いた時や走った時などに違和感を感じる程度ですが、だんだんとその違和感や股関節の痛みを感じることが多くなります。また片方の股関節の痛みをかばい、逆の膝や股関節を悪くするケースもあります。

変形性股関節症は進行する疾患ですので、なにか違和感を覚えた際は早めにご相談ください。

詳細はこちらからご覧ください。

股関節機能障害


病院でレントゲンでは異常がなく「正常範囲」と診断される場合でも、痛みや違和感が出ることがあります。特に、股関節は常に強い体重負荷を受けているため、股関節のつまり、歪み、可動域の制限が起き、正常な機能を損ねてしまうことはよくあります。この機能障害を放っておくと、徐々に軟骨がすり減り、変形してしまうリスクが高くなります。歩く際の歩幅が狭くなっている、歩くスピードが遅くなった、階段の上り下りで股関節が痛い、可動域が小さくなってきた、などの自覚症状がある人は股関節の機能障害が疑われます。カイロプラクティックは股関節の機能障害を改善・回復されるために最も有効な保存療法の一つです。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)


スポーツ選手によくみられる症状です。初めのうちは股関節や鼠径部に違和感を感じるだけですが、次第に歩く、走る、蹴るなどといった動作に伴い、痛みを生じるようになります。スポーツをされている方には致命的な問題になりかねません。この症状は一般の医療機関では、対症療法(湿布貼付、超音波治療、干渉波治療)で経過を観察し、安静にすることが勧められます。私たちの専門アプローチの一つ、ART(アクティブ・リリース・テクニック)は、この症状の原因と考えられる、内転筋群の筋膜の癒着、拘縮を取り除き、慢性的な痛みを根本から改善していきます。

詳細はこちらからご覧ください。

筋筋膜性疼痛症候群(トリガーポイント)による股関節の痛み


トリガーポイントとは、いわゆる筋肉のコリのことです。このトリガーポイントは筋肉の慢性的な緊張により、血行が悪くなる→酸素や栄養供給が悪くなる→筋肉の緊張がより強くなる、という負のサイクルによって形成され、押した時の痛みだけでなく周囲に関連痛を広げる特徴があります。股関節周辺の筋肉はトリガーポイントが形成されやすい部位の一つです。このトリガーポイントは、筋肉の機能を著しく悪化させ、筋力低下を引き起こします。また、トリガーポイントのある筋肉の働きを代償するため、他の筋肉にも負担がかかります。特に臀部の筋肉にトリガーポイントがある場合、腰痛や足の痛み・しびれなどの症状の原因となることがあります。トリガーポイントはレントゲンやMRIではわからないため、異常なしと診断されてしまうことがあり注意が必要です。

詳細はこちらからご覧ください。

発育性股関節形成不全、先天性股関節脱臼


幼児期にみられる股関節の脱臼のことです。生まれてくるときに股関節が脱臼していることがないため、最近では先天性とは言わず、発育性の形成不全と呼ばれています。また現在では出生数の0.2%前後の発生率であり、減少傾向にあります。原因は下肢を伸ばした位置でオムツをするなどの間違った育児習慣によって外れていくことが多いと言われています。

臼蓋形成不全


寛骨と呼ばれる腰の骨に股関節の屋根(臼蓋)がありますが、その臼蓋の形状が不完全な状態を臼蓋形成不全とよびます。臼蓋形成不全はCE角、臼蓋角、Sharp角によって、診断されますが、通常よりも屋根にあたる部分がしっかりと形成されないため、大腿骨頭がはみ出しているような状態となり、上手く体重を支えることができません。そのため股関節の軟骨や関節包に局所的に負荷がかかり、股関節に痛みを訴えます。変形性股関節症を発症する人の9割近くは臼蓋形成不全からくる2次性の変形と言われており、このような形成不全がある場合は、積極的に股関節の安定性を高めるための努力をしなくてはなりません。

当院では専門ケアの一環として、リハビリの集中ケアを行っております。形成不全のように、変形性股関節症になるリスクの高い方は、初期段階からしっかりとした専門ケアを受け、健康な状態を保っていきましょう。

突発性大腿骨頭壊死症


股関節は体重を支えるため、非常に負荷のかかる関節です。そのため強靭な靭帯や筋肉、また関節包により安定性を確保しているわけですが、それゆえ血流障害を起こしやすい場所でもあります。大腿骨頭は血流障害を起こす代表的な部位です。血液循環が悪くなり、血流障害が起こると、大腿骨骨頭の壊死が引き起こされます。アルコールの過剰摂取やステロイドと呼ばれる副腎皮質ホルモン剤の副作用が関連していると言われています。

壊死や変形が進行してしまっている場合は、人工股関節手術の適応となります。当院は、変形性股関節症、股関節の機能障害、股関節周辺筋群のトリガーポイント、グロインペイン症候群の施術で良好な成果をあげています。股関節の痛みでお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

病院への受診が望ましい/必要なケース