女性特有のお悩みGynecology

女性は妊娠・出産を可能にするために、男性よりも複雑なホルモンのコントロールが行われています。結果的に、男性よりも体調不良や精神的に乱れやすい傾向にあります。主に、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのタイプの女性ホルモンが卵巣から分泌されており、生理周期を形成しています。これら2つのホルモンは、一定の周期で分泌量が変化し、女性のカラダと心に影響を与えています。

この二つのホルモンのバランスが整っている状態だと、基礎体温、生理周期が安定し、妊娠、出産しやすい環境が整います。

エストロゲンは、女性らしさをつかさどるホルモンであり、女性らしい身体をつくり、子宮に作用し妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする機能があります。自律神経系や感情、皮膚、骨、脳の働きなどにも大きな影響を与え、基礎体温を下げる働きがあります。生理の終わり頃から、排卵前にかけて分泌量が増えます。このエストロゲンの分泌が多い時期は卵胞期と呼ばれ、一般的に心身ともに安定し、体調が良い傾向があります。

プロゲステロンは、妊娠を助けるホルモンであり、精子と卵子によってできた受精卵が子宮内膜に着床しやすい環境を整える作用があります。また、妊娠後は妊娠状態を順調に維持させる作用があります。エストロゲンと反対に、基礎体温を上げる働きがあります。プロゲステロンは、排卵後から次の生理のスタートにかけて分泌され、プロゲステロンの分泌量が増える時期を黄体期と呼び、腹痛や腰痛、頭痛、むくみ、精神的な不安定さ、不安やイライラ、ニキビのような吹き出物が出ることがあり、月経前症候群(PMS)と言われています。

このように女性には男性とは異なる身体の仕組みがあるために、背骨や骨盤の歪み、悪い姿勢、長時間のデスクワーク、悪い食生活や睡眠リズムにより自律神経のバランスが崩れ、生理痛や生理不順、月経前症候群、更年期障害などの問題を引き起こすことがあります。

カイロプラクティックでは、このような問題が直接改善・回復する施術を行うことはありませんが、背骨や骨盤の歪み、悪い生活習慣を正すことで結果的に女性特有のお悩みが改善・回復するケースは少なくありません。

病院での治療、薬の服用により改善しないケースでは、カイロプラクティックによるケアが一つの解決策になるかもしれません。生理痛や生理不順、月経前症候群、更年期障害でお悩みの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

代表的な女性特有のお悩みの種類と原因

生理痛


子宮の内部には子宮内膜という赤ちゃんを育てるベッドがあり、妊娠しなかった場合には、プロスタグランジンの作用により子宮内膜は血液と一緒に体外に排出されます。子宮内膜の形成と排出のサイクルはおおよそ28日周期で繰り返されています。この子宮内膜の排出が生理であり、その際感じる痛みが「生理痛」です。

生理痛の主な5つの原因は、「プロスタグランジンが過剰に分泌される」、「子宮の出口が狭い」、「ストレス」、「冷え」、そして「背骨や骨盤の歪み」です。

プロスタグランジンは炎症反応に関わり、痛みを強める作用もあるため、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、精神的なイライラ、吐き気などの原因となります。

生理不順


生理周期は、一般的に約一ヶ月(25日~35日)です。一定周期で安定している方もいれば、生理不順により不安定に動揺する方もおり、生理周期が25日より短くなったり、35日以上経っても生理が始まらないこともあります。生理不順は、心身にかかるストレスや寒冷刺激、現代病の代表例である肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労などの身体症状により生理周期をコントロールする女性ホルモン調整にかかわる自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因と考えられています。

月経前症候群(PMS)


月経前症候群では、月経が始まる1~2週間ぐらい前から始まる精神不安定、イライラ、腹痛、眠気、頭痛、肌荒れなどの症状がでます。月経が始まると楽になる傾向があるこのような症状を、PMS(Pre Menstrual Syndrome=月経前症候群)といいます。PMSは、一般的に排卵後に分泌される女性ホルモンであるプロゲステロン量の変化が関係していると考えられていますが、エストロゲンの影響も示唆されています。

更年期障害


更年期は45~55歳の時期であり、更年期障害とは、この時期に起きる自律神経失調症状と精神症状、不定愁訴の総称です。更年期になると、卵巣の機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少します。この女性ホルモン濃度の変化が、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼし、様々な自律神経失調症を引き起こします。イライラ、精神不安定、集中力低下、肩こり、頭痛、腰痛、ほてり、発汗、手足のむくみなどがその代表例です。

このように女性には男性とは異なる身体の仕組みがあるために、背骨や骨盤の歪み、悪い姿勢、長時間のデスクワーク、悪い食生活や睡眠リズムにより自律神経のバランスが崩れ、生理痛や生理不順、月経前症候群、更年期障害などの問題を引き起こすことがあります。

カイロプラクティックでは、このような問題が直接改善・回復される施術を行うことはありませんが、背骨や骨盤の歪み、悪い生活習慣を正すことで結果的に女性特有のお悩みが改善・回復するケースは少なくありません。

病院での治療、薬の服用により改善しないケースでは、カイロプラクティックによるケアが一つの解決策になるかもしれません。

生理痛や生理不順、月経前症候群、更年期障害でお悩みの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

病院への受診が望ましい/必要なケース