ギヨン管症候群(Guyon管)について

手首の小指側にはギヨン管という尺骨神経の通り道があります。ギヨン管は主に手根骨と靭帯により形成されており、歪みや靭帯の緊張により空間が狭くなり尺骨神経が圧迫されることがあり、痛みやしびれが出る状態がギヨン管症候群です。

ギヨン管症候群(Guyon管)の特徴

ギヨン管症候群では、小指周辺の痛みやしびれ、感覚異常が出ます。状態が悪くなると、小指側の筋肉が萎縮し、筋力低下が引き起こされます。

ギヨン管症候群(Guyon管)の原因

前述のようにギヨン管を構成する手根骨や靭帯の柔軟性低下により空間が狭くなることが主な原因です。当院には、長時間のパソコン作業、ロードレーサーやトライアスロンのバイクによる負担で罹患する方が多くご来院されています。また、手首を頻用されてきた方は、手根骨に変形が起きる方もおり、この変形が神経を刺激してしまうこともあります。

ギヨン管症候群(Guyon管)に対するカイロプラクティックのアプローチ

手根管症候群と同じように、西洋医学もカイロプラクティックもギヨン管に対する考え方は同じで、ギヨン管の空間を広げ神経の圧迫を取り除くことを目的としています。西洋医学は手術により靭帯を切除し、空間を広げようと試みるのが一般的ですが、カイロプラクティックではギヨン管を構成する骨の歪みや靭帯の柔軟性を高めることで空間を広げ、尺骨神経への圧迫を取り除きます。

多くの場合、手術を避けることができますし、実際に当院にご来院された患者さんで手術を選択しなければならない状態まで悪化した人は一人もいません。前腕の骨である橈骨と尺骨、そして8つの手根骨を適切に調整し、靭帯に対するARTのアプローチにより安全かつ非常に望ましい効果が期待できます。

ギヨン管症候群(Guyon管)の症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら