鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)について

グロインペイン症候群は、一般的にスポーツをしている人によく見られる障害です。特にサッカーやラグビーなどの片足立ちでキックを多くするスポーツや、トライアスロンやロードレーサーなどのサイクリストのように股関節の曲げ伸ばしを繰り返す方に発症しやすいです。

グロインペイン症候群は、鼠径部や股関節周辺に生じる痛みのうち、明白な骨の異常や筋肉の損傷がなく、歩く、走る、蹴る、身体を曲げたり反らすような動作により痛みを感じるものです。股関節や骨盤は、上半身と下肢を繋ぐ役割を果たし、大きな負荷を受け止めています。そのため、股関節や骨盤の可動性や安定性が損なわれ、関節に機能障害が起こることで、鼡径部周辺に様々な痛みが出るようになります。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)の特徴

一般的に、グロインペイン症候群の初期段階では激しい運動をした時のみに症状が現れる傾向があります。しかし、悪化するとベッドからの起き上がりなど日常生活でも痛みを感じるようになります。整形外科などの医療機関でも実際にどこに問題があるか判断が難しいのも、このグロインペイン症候群の特徴です。
 
一般の医療機関では、鼠径部や股関節周辺に痛みがある場合、スポーツヘルニアや恥骨結合炎、内転筋付着部炎などと診断されるケースがよくあります。基本的には「スポーツを休んで安静にしてください。電気治療や超音波治療、そしてリハビリテーションが大切です」とアドバイスされることが多いと思います。しかし根本的に原因を治さないと繰り返すことが多く、痛みと機能障害の悪循環が生まれ選手生命にも繋がりかねません。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)の原因

サッカー選手やラグビー選手の場合、蹴る動作、特にサイドキックによる内転筋、恥骨筋、薄筋への負荷が痛みの原因だと考えられます。継続的な反復動作による負荷が股関節にかかることで、恥骨部に筋肉や筋膜の癒着が起き、閉鎖神経などの神経を巻き込んでしまい、痛みや違和感、筋力低下を感じるようになります。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)に対するカイロプラクティックアプローチ

グロインペイン症候群へのアプローチとして、まずは骨の異常や鼠径ヘルニアでないことが前提となります。カイロプラクティックでは、上半身と下半身を繋ぐ骨盤と股関節の連動性を重視した、骨格の調整を行います。この連動性に着目することはとても重要で、鼠径部局所にかかる負担を軽減させます。もし症状が慢性的な場合、患部に癒着がおきている可能性があります。このようなケースでは、鼠径部に対して米国にて医療特許を取得したART(アクティブ・リリース・テクニック)によるアプローチを行います。グロインペイン症候群のような鼠径部の問題に対して、ARTはもっとも効果を発揮します。ARTにより股関節を取り巻く筋肉、靭帯、腱、そして神経圧迫を取り除き、その上で連動動作に必要な上肢と下肢の体幹の調整、また股関節周辺の主動筋、拮抗筋のバランスを整えていきます。
 
院長も現役時代浦和レッズユースに所属し、プロのサッカー選手を目指していた際にグロインペイン症候群を患い、とても苦しい経験をしました。カイロプラクティックとARTの治療により症状は大きく改善し、今ではほとんど気にならずにボールを蹴れるようになりました。当院では同じように改善・回復された患者さんが大勢いらっしゃいます。
 
グロインペイン症候群・鼠径部痛症候群でお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら