グルテン不耐性について

近年、テニスの世界チャンピョンのジョコビッチ選手がグルテンフリー(グルテンを含まない食事)ダイエットにより圧倒的な心身の強さを得ることができたことで日本でも知られるようになった疾患です。サッカーの世界最優秀選手であるメッシもピザを控え、グルテンを避けるよう務めたこともあり再び最高のコンディションを取り戻しました。グルテンとは、小麦やライ麦、大麦に含まれるタンパク質であり、グルテンに過敏性がある人は免疫系が過剰に反応し、様々なアレルギー疾患を引き起こします。現代の小麦は品種改良や遺伝子組み換えにより、古代の小麦のタンパク質とは化学構造が変化し、現代人の多くが変化したグルテンに適応できなくなっていると考えられています。

グルテン不耐性の特徴

グルテン不耐性により、体重減少や体重増加、膨満感、オナラがよく出る、関節痛、関節炎、うつ症状、集中力欠如、湿疹、皮膚炎、頭痛、片頭痛、疲労感、慢性疲労、イライラ感、異常行動、酷い生理痛、月経不順、不妊、筋肉痙攣、こむら返り、うずくような痛みやしびれ、乳幼児の発達障害、多動症、学習障害などの症状が出ます。しかし、病院ではグルテン不耐性の専門検査をしないことが多いことや、まだ医師もグルテンの問題をあまり知らないこともあり、検査で異常がわからず、見逃されてしまう傾向があります。

グルテン不耐性の原因

グルテンタンパク質の中に含まれるグリアジンという成分が特に免疫系の異常を起こすことがわかっています。古代の小麦は1メートル以上ありましたが、自然災害による影響を抑え生産性を高め、現代の小麦は30cmほどの長さになりました。結果として、グルテンの化学構造も変化し、免疫系は異物として捉えるようになったことが原因と考えられています。

グルテン不耐性に対するカイロプラクティックのアプローチ

グルテン不耐性に対しては、肉や魚、お米、野菜、果物によりシンプルな食生活に切り替え、加工食品やパン、そばをできるだけ排除します。腸の免疫状態を改善させるために、乳酸菌(プロバイオティクス)や乳酸菌の餌となる食物繊維を多く摂取するようにします。このように、食生活の改善は欠かすことができません。カイロプラクティックでは、背骨や骨盤を中心に姿勢のバランスを良くすることで、自律神経系の働きを高めます。結果として、胃腸の働きや免疫系にも良い影響を与え、グルテンによるダメージを緩和させ、自然治癒力を高めます。必要に応じて、遅延型アレルギー検査を行っていただき、グルテンと交差反応を引き起こしている食べ物や、グルテン以外に免疫系にダメージを与えている物質を特定します。

病院では異常なしと診断されてしまう、体重減少や体重増加、膨満感、オナラがよく出る、関節痛、関節炎、うつ症状、集中力欠如、湿疹、皮膚炎、頭痛、片頭痛、疲労感、慢性疲労、イライラ感、異常行動、酷い生理痛、月経不順、不妊、筋肉痙攣、こむら返り、うずくような痛みやしびれ、乳幼児の発達障害、多動症、学習障害などの症状でお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

グルテン不耐性の症例報告

□ 

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら