四十肩・五十肩(癒着性関節泡炎・肩関節周囲炎・凍結肩)について

一般的に、40~50代に発症する肩関節の痛みと動きの制限を伴う病気の総称です。痛みは動いた時だけでなく、横になっても痛みを伴うこともあります。肩関節とその周辺組織に炎症が起き、拘縮や癒着が起きるとされていますが、正確なメカニズムは解明されていません。対処法には様々な議論がありますが、肩関節周辺の結合組織の拘縮や癒着を改善するためのアプローチや、過剰な神経の興奮を抑えることで筋肉の緊張が緩み、痛みや可動域が改善します。約2年で自然と痛みがおさまる傾向がありますが、リハビリやケアを怠ると可動制限が残ってしまうケースもあるため適切な処置が必要だと考えます。

四十肩・五十肩の特徴

四十肩・五十肩の問題は、主に次の3つの期間で推移します。

始めは炎症期で、肩周辺の靭帯や筋肉が傷つき炎症が起きます。炎症による痛みが強く、肩を少し動かすだけでも痛みを感じます。この状態は数週間~3ヶ月ほど続き、慢性期に移行します。予防が最も重要ですが、急性期に適切なケアを行うことで炎症が治まり肩の痛みが比較的楽になります。早期ケアは慢性化を防ぐ一方、痛みの防御反応のために肩周囲の筋肉や靭帯が拘縮し、場合によっては癒着を引き起こしています。この状態を凍結期と言い、肩関節の可動制限が特徴で特定の角度まで動かすと強い痛みが出ます。早い段階でのケアとリハビリを行い、癒着が起きないようにすることが早期回復への伴となります。

凍結期の後は解凍期です。約2年で自然と痛みが治まり、肩関節の可動域も改善します。しかし、肩の痛みと可動域が完全に回復することもあれば、痛みや可動制限が残ってしまうこともあります。適切なケアを受けた場合、痛みや可動制限が残るリスクは明らかに低くなります。

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩の原因は未だに特定されていません。これまでは肩関節とその周辺組織に炎症が起き、拘縮や癒着が起きるとされていました。しかし近年では炎症の有無に関わらず神経の過剰な興奮により筋肉が拘縮してしまうメカニズムも示唆されています。

当院にご来院される患者さんの傾向として、圧倒的に利き腕に問題を起こすことが多く、運動不足や猫背姿勢、肩関節の可動域が小さくなっている人がリスク群です。はじめは肩の違和感から始まり、徐々に悪化する傾向が強いです。初期症状である肩の違和感が出た時点でケアを受けられた方は、多くの場合その後の強い痛みや可動制限への移行を予防できます。

四十肩・五十肩に対するカイロプラクティックのアプローチ

四十肩・五十肩の場合、当院ではできるだけ早く可動域を広げ、肩関節機能を改善するためのケアを行います。ストレッチやPNF、理学療法が一般的な治療法ですが、多くの場合望ましい効果を得ることができなかったり、改善までに非常に長い期間を必要とします。

四十肩・五十肩に対してカイロプラクティックは効果を期待できる選択肢の一つです。2012年の報告によると、40~70代の男女50名に対して頸椎と胸椎の矯正を行ったところ、16人が完全に回復し、49人の痛みが半分以上緩和されました。また私たちは、米国医療特許を取得したART(アクティブ・リリース・テクニック)や特殊なステンレスツールによるFAKTRを使用し拘縮や癒着を取り除きます。身体の軸である背骨を整えながら四十肩・五十肩に対する専門的なアプローチを行うことで、おおよそ1ヶ月~半年で良好な成果を上げています。

参考文献

□ Murphy XF, Hall WM, D'Amico L et al. Chiropractic management of frozen shoulder syndrome using a novel technique: a retrospective case series of 50 patients. J Chiropr Med. 2012 Dec; 11(4): 267-272.


肩こりの症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら