32歳 男性 料理人 三軒茶屋在住 椎間板ヘルニアによる腰痛とお尻の痛みを訴えて来院

学生の頃にぎっくり腰をして以来、腰痛も肩こりもなく過ごしていた。2か月前に重たい食材を仕入れ、車で戻って荷物を降ろしているときに、徐々に腰に違和感を覚えた。その3日後に違和感は痛みとなり、左のお尻にまで広がった。整体院やマッサージに通ったが改善がなく、世田谷区内の整形外科を受診したところ椎間板ヘルニアによる腰痛だと診断された。痛み止めを飲みながら牽引と電気治療を受けたがわずかな改善しか見られず、現在は日常生活にも支障をきたし、趣味のランニングもできずに精神的に参っている。米国の友人が調べてくれ、米国公認ドクターがいるアクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川を受診。

検査結果

・前屈みや腰を丸める動作で症状が悪化。
・腰を反らすのと左に曲げると少し軽減。
・足の知覚と反射は異常ないが、筋力は腰の痛みのために検査不可。

施術後の変化

初回の施術後に痛みは3割減少し、お尻の痛みはなくなった。8回の施術で7割改善し、15回目には症状は全く感じなくなった。ランニングを再開したいので、それ以降は2週間に一度の再発防止ケアに通院し、カイロプラクティックとピラティスを受けて現在は体作りをしている。

担当カイロプラクター:坂西のコメント

今回のケースは、もともと慢性的に腰痛がるところに繰り返し重いものを持つ仕事であり、日頃から身体のケアをしてこなかったため、腰の耐久力が限界に達して椎間板ヘルニアになりました。幸いだったのは、悪化する方向と改善する方向がはっきりと分かり、その方向への施術で確実な効果が出たことです。一度だけ施術後に少しだけ悪化したのですが、その時はこの方が、痛みが減り身体が動くようになってきたことで嬉しさのあまり間違ったストレッチと軽いジョギングをしたためでした。
 
適切なケアと悪化させる要素を日常からなくせば、椎間板ヘルニアといえど回復する可能性は高いです。椎間板ヘルニアによる腰痛で整体をお探しの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら