椎間板ヘルニアによる足のしびれ、10回の施術で回復 (40代 男性 二子玉川在住)

アクティブ・エイジング カイロプラクティック 二子玉川 HOME > 適応症 > 腰痛 > 椎間板ヘルニア
> 椎間板ヘルニアによる足のしびれ、10回の施術で回復 (40代 男性 二子玉川在住)
LBP
椎間板ヘルニアによる腰痛と右足のしびれは2年前に始まった。思い当たる原因は、一日中デスクワークをするために腰に負担がかかっていることや、重い荷物を持つこと、介護のために休日も身体を休めることができなかったことが考えられる。

整形外科でレントゲン、MRI検査を行い、第5腰椎/第1仙椎レベルに椎間板ヘルニアがあると診断され、鎮痛薬と牽引、ブロック注射を受けたが、一時的な効果で終わってしまった。医師からはこのまま保存療法を続けて様子を見るか、手術をするしかないと言われてきたが、手術には踏み切れず2年間も経ってしまった。この間、整体や鍼灸治療を何度も受けたが、同じように一時的な効果しか感じることができなかった。2年前と比べ、腰痛や右足のしびれは少し悪化しているが、筋力低下により転んでしまうようなことはない。

このような理由から、アクティブエイジング カイロプラクティック二子玉川に来院した。

検査結果

ExamPhoto
・L5/S1 デルマトームに沿ってしびれ、感覚異常あり。
・右足首背屈、母趾の伸展の筋力低下あり(4/5)。
・腰部の屈曲で腰痛やしびれが悪化する。
・右SLR 陽性
・腰部、臀部、下肢の筋肉が痛みの防御反応のために過剰な緊張がみられる。

施術後の変化

はじめの3回の施術により10%ほど腰痛と足のしびれが楽になり、5回目来院時には50%以上改善、10回目の来院時にはほぼ100%痛みとしびれはなくなった。現在は月に1回の予防ケアを継続中で、整形外科医からは手術の必要性はなく、鎮痛薬とブロック注射、牽引も辞めて良いと言われた。整体もストップしたが、鍼灸治療は念のため、3ヶ月に1度のペースで続けている。その後1年経過したが、再発なく快適に過ごせている。
Wada

和田のコメント

Wada

担当カイロプラクター:和田のコメント

椎間板ヘルニアは酷い腰痛、おしりの痛み、足のしびれ、筋力低下が主な特徴です。一般的に筋力低下が著しい重症なケースはすぐに手術が必要となります。その理由は、すぐに神経の圧迫や負担を取り除かないと、筋力低下や感覚異常などの神経障害が回復しなくなってしまう性質があるためです。著しい筋力低下とは、5段階評価(5が最も強く正常とした場合)で、3未満を意味します。そのため、3/5はボーダーラインとなり、注意深く経過観察しなければいけません。

今回のケースでは、徐々に痛みとしびれの感覚異常だけでなく、筋力低下も進行しておりましたが、幸い筋力は4/5のレベルを保っていました。発症から2年も経過し、医師からは手術の必要性も指摘されていましたが、神経の回復能力が十分残っていたため、ほぼ完全に回復することができました。

椎間板ヘルニアは神経障害を介して、感覚だけでなく運動機能にも影響を与えることがある比較的重症な問題ですが、適切な時期に適切なケアを施すことで十分に改善、回復が期待できます。アメリカでは、椎間板ヘルニアの最も効果的な保存療法の一つとしてカイロプラクティックが推奨されており、当院にご来院される整形外科から椎間板ヘルニアの診断を受けた患者さんの8割以上が改善・回復され、手術を避けることができています。

また、仮にカイロプラクティックやピラティスなどの保存療法で進行を防ぐことができない場合、当院は椎間板ヘルニアの手術実績では国内トップレベルの出沢PEDクリニックと連携しておりますので、速やかに適切な外科医にご紹介いたします。

椎間板ヘルニアによる腰痛、足のしびれでカイロプラクティック・整体をお探しの方は、アクティブエイジング カイロプラクティック二子玉川にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら