カイロプラクティックと整体の違いについてWhat's the difference?

整体は日本古来からある伝統療法であり、主に師弟関係で継承される技術であるため、科学的な根拠に乏しく様々な流派があります。 とてもすばらしい先生がいる一方、基準が曖昧なため安全性と効果を評価することが非常に難しい傾向にあります。 そのため、国際的なヘルスケアとしては認められておらず、カイロプラクティックのように大学・大学院教育、卒後の専門教育制度はありません。 

日本ではカイロプラクティックの法律がないため、整体師やマッサージ師がカイロプラクティックの技術の一部を取り入れて施術を行っている現状があり、これが混同されてしまう要因の一つでもあります。 「カイロと整体どちらが良いか?、より効果的か?」という質問に答えはなく、どちらも素晴らしい先生であれば安全で望ましい効果を期待できると思います。一つの目安としてカイロプラクティック・整体問わず、10年以上の臨床歴、述べ数万人以上の施術経験があるかどうかは良い判断材料になると思います。
- カイロプラクティック 整体
発祥 アメリカ 日本
教育 WHOのガイドラインに則した大学教育 師弟関係での継承や短期養成校
資格 法律のある国では国家資格や専門医資格 民間資格
研究 国家レベルでの研究あり 先生の症例報告あり
効果と安全性 先生の技術・知識・経験による 先生の技術・知識・経験による

安全性と効果を判断するための研究

カイロプラクティックの安全性・有効性を認めた国家レベルでの研究

1ニュージーランドレポート 1979
2オーストラリア 厚生省レポート 1984
3スウェーデン代替医療委員会報告書 1987
4アメリカ 厚生省RANDレポート 1991
5カナダ オンタリオ州 マンガレポート 1993
6イギリス 王室基金ビングハムレポート 1993
7アメリカ 連邦政府ヘルスケア対策研究局 成人における急性腰痛のガイドライン 1994
8イギリス政府 腰痛の臨床業務ガイドライン 1995
9カナダ ケベック州 頚椎捻挫関連疾患に関する調査 1995
10イギリス 腰痛運動とマニピュレーションの無作為試験 2004
11WHO(世界保健機関)カイロプラクティック基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン 2006
12非特異的慢性腰痛管理 欧州ガイドライン 2006
13アメリカ 内科学会および疼痛学会による統合臨床診療ガイドライン 2007
14アメリカ 腰痛に対するカイロプラクティック手技と医学的治療の無作為試験による比較 2014
15ハーバード大学メディカルスクール  疼痛緩和のためのカイロプラクティックケア 2015
ガイドライン
カイロプラクティックの安全性・有効性を認めてない研究

1日本 厚労省 脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究 三浦レポート 1991
2EBMの手法を用いた調査 サイモン・シン

※①の三浦レポートに関しては、有効性を認めた研究とは異なり、「日本の整形外科医のみ」が調査メンバーだったことを記しておく必要があります。
非常にアンフェアな調査であったことは間違いありません。

カイロプラクティックの国際・国内組織

世界保健機関World Health Organization (WHO)

カイロプラクティックに関しては、法制化されていない国々に対してもガイドラインを厚生労働省に出しています。

世界カイロプラクティック連合World Federation of Chiropractic(WFC)

WHO世界保健機関に加盟している世界約80カ国から成るカイロプラクティックの国際連合です。

米国カイロプラクティック国家試験委員会National Board of Chiropractic Examiners (NBCE)

米国のカイロプラクティック国家試験(ナショナルボード)を実施する機関です。
試験は第1次~第4次試験、そして理学療法試験に合格する必要があります。院長も米国の国家資格を取得しています。

世界カイロプラクティック学生評議会World Congress of Chiropractic Students (WCCS)

世界各国のカイロプラクティック大学の学生による国際会議です。各国の問題や成果について共有・議論します。
当院のスタッフは日本の代表としてカナダのケベック、オーストラリアのメルボルンでの会議に参加し、
『厚生労働省に対するカイロプラクティック評価の検討・見直し』や『世界のカイロプラクティック大学生の研究データベース構築』に携わりました。

世界スポーツカイロプラクティック連盟Federation of International Chiropractic de Sports (FICS)

オリンピックやパラリンピックをはじめ、世界的なスポーツイベントに参加するための専門教育を実施しています。
当院のスタッフも、FICS認定のスポーツ科学専門過程を修了しています。

日本カイロプラクターズ協会Japanese Association of Chiropractors (JAC)

WHOに加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)の日本代表団体。
国際承認のカイロプラクターのみが登録可能であり、正しいカイロプラクティックの普及に努めています。
Active-AgeingカイロプラクティックはJACの認定治療院です。

日本スポーツカイロプラクティック連盟Japanese Federation of Chiropractic de Sports (J-FOCS)

アマチュアからプロアスリートまでスポーツを愛するすべての方へ、スポーツ科学の専門知識・技術を有するスポーツカイロプラクターがサポートを行っています。当院のスタッフは、J-FOCSの国際・研究委員としても活動しています。