肘部管症候群(ちゅうぶかん)について

肘の内側には太い尺骨神経の通り道があります。この神経の通り道が肘部管(ちゅうぶかん)です。肘を椅子にぶつけた際に、電気が走る感覚を経験されたことがある方は多いと思いますが、まさに肘部管の神経が強く刺激された結果です。肘部管が周辺の筋肉や靭帯の緊張、骨の変形などにより狭窄し、尺骨神経が圧迫されて腕や手に痛みやしびれを引き起こす問題が肘部管症候群です。また、女性は肘の角度が外側に曲がっている傾向があるため、神経を圧迫するリスクが高い特徴があります。

肘部管症候群の特徴

肘部管症候群は、肘の内側部分を軽く叩いたり、肘の曲げ伸ばしをした際に痛みやしびれが強くなる特徴があります。痛みやしびれを感じるのは主に小指側であり、問題が悪化するにつれ筋力低下もでるようになります。コップを落としたり、ペンが握り難い感覚がある場合は要注意です。

肘部管症候群の原因

肘部管症候群を引き起こす主な原因は以下の通りです。

・肘関節周辺の筋肉や靭帯が緊張することにより、肘部管の幅が狭くなる。
・もともと肘の角度が外側に向いており(外反肘)、肘部管が圧迫されやすい。(女性に多い)
・スポーツや仕事で何度も曲げ伸ばしを繰り返すことで炎症を起こし、筋肉や靭帯が肥厚する。
・加齢により肘の骨が変形し、肘部管が狭窄する。

肘部管症候群に対するカイロプラクティックのアプローチ

カイロプラクティックでは、まず肘の関節機能に問題があれば調整します。その後、筋肉や靭帯の柔軟性を高めるためのストレッチやPNFを行います。もし、筋肉や靭帯に肥厚や癒着があれば、当院ではARTやFAKTRを使用し、慢性的な問題を除去します。神経の柔軟性が悪くなっている場合は、神経ストレッチを行うことで刺激を受けやすい状態が改善します。このように、いくつかのアプローチを適切に選択することで痛みやしびれを取り除いていきます。

肘部管症候群、肘の痛みやしびれでお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

肘部管症候群の症例報告

□ 


ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。