41歳 女性 主婦 二子玉川在住 慢性腰痛を訴え来院

この腰痛は20代の頃から約20年続く症状で、金融関係の仕事への就職を境に悪化した。当時は整体や鍼治療を受けて凌いでいたが、腰痛を抱えたまま仕事と家事、育児を両立するのが難しかったため、現在は仕事からは離れている。仕事をしなくてよくなった分、少しは楽になったが家事と育児による負担も相当なもので辛い腰痛と付き合う日々である。腰痛にはカイロプラクティックが良いと聞き、近所のアクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川に来院した。

検査結果

・腰部の脊柱起立筋、腰方形筋、腸腰筋の緊張が非常に強い。
・腰の屈曲と伸展可動域が制限され、伸展位で腰痛が悪化する。
・下部腰椎、骨盤関節に歪みや圧痛あり。

施術後の変化

初めの5回の施術で腰痛は60%ほど改善し、10回目の施術後には95%まで回復した。現在は3週間に1度、定期的にカイロプラクティックを腰痛のメンテナンスケアとして利用している。また、施術を始めた当初から行っているピラティスとヨガも継続中である。

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは一般的に治りにくいとされる慢性腰痛でした。20年以上続く症状であり、仕事をしていた当時は整体などを受けていたにも関わらず根治できなかったことを考えると、今回も難しいかもしれないと患者さんにはお伝えしていました。ただ、以前と違うのは、整体によるストレッチ中心の施術ではなく、背骨や骨盤矯正を中心としたカイロプラクティックと体幹の安定性を高めるピラティス、そしてストレスマネジメントとしてヨガを組み合わせたことです。結果として、長年制限をうけていた腰椎や骨盤の関節が適切に動きだし、身体を支える機能が高まり、ヨガによりストレスを軽減できたことが大きかったと思います。

今回のケースのように慢性腰痛でお困りの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら