慢性的な腰痛を訴え来院 44歳 女性 OL 二子玉川在住

この腰痛は20代から始まり、日々のデスクワークや家事、育児により徐々に悪化傾向にある。整形外科では骨が変形して来ているためだと言われ、整体では身体が歪んでいるためと指摘を受けたが、何れにしても大きな改善がなく悩んでいる。朝方に痛むこともあるが、基本的には夕方疲れてくると腰痛が強くなる傾向がある。腰痛を克服したいという想いから、アクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川に来院した。

検査結果

・腰部筋群、腸腰筋に強い緊張あり。
・腹筋、臀筋の耐久性テストですぐに不安定性が出る。
・胸腰移行部、仙腸関節に機能障害あり。

施術後の変化

6回のカイロプラクティックケアにより70%の改善が見られ、10回目の施術後には90%以上まで回復した。現在は毎月1回カイロプラクティックのケアを続け、90%以上回復した状態を維持している。

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは、整形外科や整体の先生から骨の変形や歪みを指摘されており、私も同様の所見を確認しました。改善につながった理由は、胸椎と腰椎の移行部や仙腸関節に対するカイロプラクティックの脊柱・骨盤矯正でした。今までこのような施術を一度もお受けになったことがなく、関節に対する負担が非常に強くなっていたために、周辺の筋肉が緩和しない状態でした。特に胸椎と腰椎の移行部は見逃されていることが多く、適切な施術をお受けになることができない患者さんは多くいらっしゃいます。育児で抱っこの機会が増えると特にこの部分に負担がかかり、腰痛を悪化させてしまいます。今回のケースもまさにこのパターンが当てはまりました。

慢性的な腰痛でカイロプラクティックや整体をお探しの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら