45歳 男性 会社員 駒沢大学駅在住  慢性的な腰痛のため来院。

この腰痛は大学生の頃からの症状で、軽減と悪化を繰り返している。学生時代にはラグビーをしており、社会人になってもクラブに所属していた。激しいぶつかり合いで腰を何度も傷め、その後遺症として腰痛が残ってしまった。デスクワークや通勤電車で立っていると腰痛が辛くなる傾向がある。今はほとんど運動はしていない。ラグビーをしていた頃によく整体に通っていたが、カイロプラクティックは初めてである。今回はホームページを見てアクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川に来院した。

検査結果

・右の中小臀筋の筋力低下
・右の梨状筋、脊柱起立筋の過緊張
・右の仙腸関節機能障害

施術後の変化

約2ヶ月半、12回のカイロプラクティックのケアとリハビリにより、腰痛は回復した。

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは20年ほど続くとても慢性的な腰痛でした。ラグビーで傷めた筋肉がうまく使えない状態だったために、他の筋肉が代償的に過緊張を引き起こし、腰痛を引き起こしていたと考えられます。学生時代によく整体を受けていたにも関わらず、腰痛が慢性化した理由もここにあると思います。当時はリハビリが今ほど発展していませんでしたので、中臀筋、小臀筋の筋力低下が骨盤や股関節のバランスを崩し、腰痛の原因になるとはあまり考えられていませんでした。一般的には20年続いてた腰痛がなくなることは考えにくいですが、今回は元スポーツマンということで筋力もしっかりされていたためか、2ヶ月半で腰痛を克服することができました。

慢性的な腰痛でカイロプラクティックや整体をお探しの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川にお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら