腰痛と足のしびれを訴え来院 55歳 女性 管理職 上野毛在住

腰痛は30代の頃から感じるようになり、それ以降2、3年に1度ぎっくり腰を繰り返してきた。40代の頃から常に一定の割合で慢性的に腰痛を感じるようになり、定期的に上野毛の整体院に通ってきた。先日いつも以上に腰痛が悪化し、ぎっくり腰の予兆と感じ整形外科を受診した。医師からは背骨が変形しているので運動した方が良いと勧められたが、何をすれば良いか具体的なアドバイスはなかった。鍼治療かカイロプラクティックが良いと会社の同僚に勧められ、近所のアクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川を受診した。

検査結果

・レントゲン画像では医師の診断通り下部腰椎に変形所見が確認できる。
・腰椎、仙腸関節に可動制限と圧痛あり。
・大腿部、臀部、腰部の筋肉の柔軟性が著しく低下しトリガーポイントが形成され、足のしびれを誘発する。

施術後の変化

初めの5回の施術で30%ほど腰痛は改善したが、その後3回の施術後は期待通りの改善がみられなかった。20年以上の慢性的な腰痛であり、今までに何度もぎっくり腰を経験していることから筋肉が拘縮、癒着していると判断し、カイロプラクティックに加え、FAKTRによる施術を行った。
その後、5回の施術で大きな改善がみられ、80%ほど腰痛と足のしびれは楽になった。現在は疲労をためないように2週間に1度のマッサージと月に1度カイロプラクティックのケアを受け、週に1度ヨガを行い筋肉の柔軟性も大分改善した。

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは20年以上も続く慢性的な腰痛であり、徐々に悪化傾向にありました。整形外科での診断通り腰椎に変形がみられ、整体も助けになっていましたがもう限界のところまで来ていたようでした。今までに何度も筋肉を傷めていましたので、組織に癒着が起きていたこともなかなか張りや腰痛がとれず、足にしびれを出していた原因となっていました。今回のケースのようにレントゲンで背骨に変形が確認されても適切なケアをすれば辛い腰痛を克服できることは多々あります。

慢性的な腰痛や足のしびれで整体やマッサージなどどこに通えば良いかお悩みの方は世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら