カイロについてWhat's Chiropractic?

原因を取り除きなさい。
自然と治癒に向かうでしょう。

Find subluxation. Fix it, and leave it alone.
- B.J. パーマー -
BJパーマー
自然治癒力を最大限に発揮する!―世界的に支持されるカイロプラクティック

カイロプラクティックの歴史

カイロプラクティックは、1895年にアメリカのアイオワ州ダベンポートという街で、D.Dパーマーにより創始され100年以上の歴史があります。カイロプラクティックの名前はギリシャ語に由来しており、 カイロは「手」、プラクティックが「技術」という意味です。 DDパーマー
背骨 カイロプラクティックは、”背骨のサブラクゼーションを取りのぞくこと”を目的として生まれました。

“サブラクゼーション”とは脊椎の機能障害です。脱臼や亜脱臼ではなく、関節の動きの制限やわずかな歪みです。 この脊椎の機能障害は、筋肉や関節だけでなく血流、脳や神経の働きにも影響を与えます。 この結果私たちが本来持っている自然治癒力が阻害されてしまうことになるのです。カイロプラクティックでは、この脊椎の機能障害を取り除き自然治癒力を最大限に発揮させることを目的として世の中に広まりました。

100年以上の月日とともに、カイロプラクティックのあり方自体も変わっています。医学部と同等の大学教育が行われるようになり、レントゲン撮影や様々な機械が導入され、多種多様な施術方法が開発され、より安全で効果的になりました。

この間、私たちの食生活、運動習慣、睡眠時間、衛生環境、平均寿命はすべて様変わりしました。私たちActive-Ageingカイロプラクティックは、このような大きな変化に伴い、カイロプラクティックの技術や理論も向上・適応すべきだと考えています。そのため、脊椎の機能障害を取り除く本質を大切に、生活習慣を含めた多面的アプローチをしていくことが現代人には必要不可欠だと感じています。

世界に認められたカイロプラクティック

カイロプラクティックは科学的・医学的根拠を積極的に取り入れ、手技療法の中で唯一WHO(世界保健機構)に認められる国際的なヘルスケアです。WHOは世界各国にカイロプラクティックの教育ガイドラインを発行しています。 現在カイロプラクティックは世界75カ国に広がり、発祥の地アメリカではバックドクター(背骨のお医者さん) として親しまれています。腰痛や椎間板ヘルニアをはじめ、頭痛、めまい、肩こり、しびれなどの症状に悩む患者さんがカイロプラクティックのクリニックを受診するのは日常的なものとなっています
世界保健機構

カイロプラクティックの教育

現在アメリカを始めイギリス・カナダ・スイス・フランス・オーストラリア・ニュージーランドなどの先進諸国では6~8年の大学・大学院教育が義務付けられ、医師と同等の非常に高度な教育レベルが求められています。 実際に最もレベルの高いとされるアメリカでは、カイロプラクティックは保険適用となります。また、ドクターのみ行うことが許されている医療行為であるレントゲン撮影・診断を行い、州によっては死亡診断書を作成する権利もあります。少しでも安全かつ効果的な施術を患者さん一人一人に行うため、長い時間をかけて基礎医学や臨床医学をはじめ、一般科学から哲学を学ぶ必要があります。

Active-Ageing カイロプラクティックのスタッフは、世界で最も歴史ある最高学府、パーマー大学・大学院と伝統あるオーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学日本校を卒業し、アメリカの国家資格や専門医資格を取得した国内では数少ない0.01%の米国公認カイロプラクティックドクター・専門医のチームです。
大学
左上:パーマー・カイロプラクティック大学
左下:米国衛生研究所付属大学院パーマー・リサーチセンター
右 :RMIT大学 カイロプラクティック学科

日本のカイロプラクティックの現状

日本には法律がないため「誰でもカイロプラクティックの看板を掲げることができ」、全体で3万以上の治療院があるといわれています。その大部分がわずか数日から1、2年の短期養成校で学び施術を行っています。つまり、日本と他の先進諸国では全く別の世界、比較できないほど大きな違いがあります。一部にカイロプラクティックがとても危険で怪しいものだというイメージがあるのは、このような理由があると考えられます。
カイロの人数
当センターも所属している日本カイロプラクターズ協会(JAC)は、世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本の代表団体として加盟しています。JACは日本のカイロプラクティック業界をWHOの定める世界基準に近づけるため、正しいカイロプラクティックの普及に努めています。
カイロ組織図

カイロプラクティックを愛好する有名人

少し専門的な話からは一旦離れ、カイロプラクティックを愛好している著名人の一部をご紹介します。きっと、カイロプラクティックをより身近に感じていただけると思います。
オバマ

オバマ大統領

「私が考える健康政策は予防医学に重点を置き、カイロプラクティックはその中心的役割を担います。
私たちがヘルスケアシステムを現在の病気中心の考えから予防的に考えていくにつれ、カイロプラクティックが欠かすことのできない存在であると私は強く信じています。」

”My health plan also prioritizes preventive care, and chiropractors play a significant role in this effort. As we shift our health care delivery system towards a culture of wellness and disease prevention, I believe that chiropractors must play an integral role in expanding access to preventive care and strengthening our public health system.”
小泉

小泉純一郎元首相

「私は国会議員の中でカイロプラクティックの素晴らしさ、有効性を最も理解している一人だと思います。様々な治療法の中で、カイロプラクティックは薬や注射を使わない、副作用のない、そして名医にかかればこんなに有効な治療はないと思っています。日本でもカイロプラクティックの素晴らしさを理解する国民が増え、カイロプラクティックの技術者、お医者さんが益々勉強、研鑽に励んで資質を向上させてもらいたいと思っています。」
シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツネガー (映画俳優・政治家・元世界No1ボディービルダー)

「ボディビルダーやよく運動する人は、健康維持のためカイロプラクティックをとてもよく利用しています。フィットネスとカイロプラクティックを組み合わせることは、パーフェクトな選択です。私がカイロプラクティックの治療を受ける目的は、どこかを痛めてからではなく、怪我をする前に行くべきだということを強く感じています。身体の不調を感じたら私はすぐに友人のフランコ先生の元へ駆け込みます。」

“Bodybuilders and fitness people have been using chiropractic very extensively in order to stay healthy and fit. We are a perfect team, the world of fitness and the world of chiropractor. Whenever I had a little problem with my body, I always ran to one of my dear friends [Franco Columbo,D.C.], he was always right there with the adjustments. This is how I found out the best way of going, is to use chiropractors, not only after injuries, but also before injury."
タイガーウッズ

タイガー・ウッズ(世界No.1ゴルファー)

「日常的に身体を鍛えることとカイロプラクティックを受けることは私をゴルファーとして成長させました。私は物心がついた頃からカイロプラクターのところに通っています。カイロプラクティックで身体を整えることは、スウィング練習と同じくらいとても大切です。」

"lifting weights and seeing a chiropractor on a regular basis has made me a better golfer. I've been going to Chiropractors for as long as I can remember. It's as important to my training as practicing my swing."
ボルト

ウサイン・ボルト(世界No.1スプリンター)

「若い頃は、持病の側弯症はあまり気にならなかったけれど、歳をとるにつれ問題になるようになりました。私の背骨は本当に酷く曲がっているんだ。スプリンターとしてのキャリアにおいて、初めはあまり考えなくても良かったけど、この背骨の問題のせいで毎年怪我をするようになった。カイロプラクティックを通じて背骨の状態を改善させることで、怪我から早く復帰できるだけでなく、パフォーマンスを高めることにつながっている。」

"When I was younger, the scoliosis wasn't really a problem. But you grow and it gets worse. My spine was really curved bad. The early part of my career, when we didn't really know much about it, it really hampered me because I got injured every year.I've worked hard over the years. I've been injured and I've worked hard through it, and I've made it." Bolt uses chiropractic not only to bounce back more quickly from injuries, but also to enhance his performance while healthy.
マイケルジョーダン

マイケル・ジョーダン(元世界No.1バスケットプレーヤー)

「私はカイロプラクティック治療を受けるまで、自分の可能性に気付いていませんでした。カイロプラクティックに通い始めてから、心身共にとても大きく成長することができました。」

“I did not know how much I could improve until I started seeing a chiropractor. Since I’ve been in chiropractic, I’ve improved by leaps and bounds both mentally and physically.”
マドンナ

マドンナ (世界的エンターテイナー)

「ツアーではとても大きなストレスを感じるけれど、カイロプラクティックは私のストレスを軽減してくれるの。」

"The tour stresses me out and Chiropractic takes some stress away
I did not go to conventional physicians for treatment, mainly because I feel they treat symptoms
and not the overall human system of body, mind and soul. I also do not have health insurance. 
Instead, I went to see a chiropractor in my town, who works more with the body energetically in 
addition to keeping the spine aligned through adjustments.
My chiropractor used gentle flexing movements to keep my joints mobile and to keep the blood 
flow moving to the cartridges around joints. This approach has brought me back to a state of full 
integrated healing and strength. Taking a pill to further suppress the immune system to relieve 
rheumatoid arthritis is not what I would ever recommend or do for myself."
ウィリアムス

ヴィーナス・ウィリアムス(世界No1テニスプレーヤー)

「カイロプラクティックは試合で求められる身体の柔軟性を高めてくれてる。」

"Chiropractic gives me the flexibility I need to keep in the game."
※その他、サッカーブラジル代表チーム・オランダ代表チーム・ACミラン、松井秀喜(元巨人・ヤンキース野球選手)もカイロプラクティックを愛好するアスリートです。

カイロプラクティックで効果が期待できる症状

頭・首・肩のお悩み
頭痛、めまい、肩こり、顎関節症、むち打ち、寝違い、ストレートネック、首の椎間板ヘルニア、筋・筋膜痛症候群(トリガーポイント)など。
背中・腰・骨盤のお悩み
ぎっくり腰、慢性腰痛、腰痛、猫背、側弯症、肩甲骨周りの痛み・こり、腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、骨盤の歪み、産前・産後ケア、産後の骨盤矯正など。
腕・肘・手のお悩み
四十肩・五十肩、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群、肘部管症候群、手根管症候群、腱鞘炎、手のしびれなど。
股関節・膝・足のお悩み
変形性股関節症、グロインペイン症候群、変形性膝関節症、軽度の半月板損傷、足底腱膜炎、アキレス腱炎、外反母趾、扁平足、足首の捻挫モートン神経腫による痛みなど。
女性特有、女性に多いお悩み
産前・産後ケア、骨盤矯正、月経前症候群、自律神経失調、片頭痛、緊張性頭痛、股関節の痛み、更年期障害、冷え、むくみ、立ちくらみ、O脚、X脚、顔の歪み、姿勢改善、姿勢矯正、眼精疲労、慢性疲労、甲状腺機能低下症、副腎疲労症候群、リーキーガット症候群など。
小児や学生のお悩み
過敏性腸症候群、学習障害、ロコモティブ症候群、オスグット、広汎性発達障害、姿勢の歪み、悪い姿勢、猫背、成長痛、側弯症など。
アスリートのお悩み
ゴルフ肘、テニス肘、ローテーターカフ損傷(腱板炎)、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、コンパートメント症候群、ランナー膝(腸脛靭帯炎)、シンスプリント、グロインペイン症候群、筋膜炎、トリガーポイント、筋膜の癒着、椎間板ヘルニア、肉離れ、足首の捻挫、慢性疲労症候群、オーバートレーニング症候群、パフォーマンス向上など。