頚性頭痛(頚椎原性頭痛)について

当院に数多くのご相談があり、病院で見逃されたり他の頭痛と間違われやすいのがこのタイプの頭痛です。頚椎に過剰な負荷かかると正常な関節の機能が損なわれます。この異常な関節の状態が神経を刺激することで後頭部や目の奥が痛みます。長時間のデスクワークや運動不足、むち打ち、寝違いなどの経験がある方は要注意です。また、サッカー、ラグビー、アメフト、剣道など頭に衝撃を受けるスポーツもリスクを高めます。頚性頭痛は首の関節の機能障害が原因ですので、カイロプラクティックの効果が非常に期待できます。

頚性頭痛(頸椎原性頭痛)の特徴

頚性頭痛は緊張性頭痛と間違われやすく、また同時に併発することもあります。眼の奥や後頭部に広がる重だるい痛みが頚性頭痛の特徴です。不良姿勢が続いたり、首を無理に動かすと頚椎への負担が強くなり症状が出ます。首や肩のコリを伴うこともありますが、筋肉との関連性は低いと考えられています。

頚性頭痛(頸椎原性頭痛)の原因

関節の歪みや動きの悪さは意識の有無に関わらず神経に影響を与えます。特に頭と首の移行部である上部頚椎は、顔や頭の感覚を司る三叉神経と強い関係があります。その上部頚椎の歪みや柔軟性の低下などの機能障害があると、三叉神経を刺激し頭痛を引き起こします。

頚性頭痛(頸椎原性頭痛)に対するカイロプラクティックのアプローチ

頚椎の関節を整えていくことに重点をおきます。過去の怪我やむち打ちで関節周囲に組織に癒着がある場合は、米国医療特許を取得したART(アクティブ・リリース・テクニック)や特殊なステンレス製ツールのFAKTRにより癒着を取り除いていきます。

頚性頭痛はカイロプラクティックによりとても早い改善が期待できます。また、姿勢や骨盤の歪みを整えることで頚椎への負担は軽減し、再発予防にもつながります。当院では3回以内の施術により90%以上の患者さんが改善・回復されています。病院で原因がわからず、頭痛薬で改善しない頭痛でお悩みの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

頚性頭痛(頚椎原性頭痛)の症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら