手根管症候群について

手首の手のひら側には、正中神経と呼ばれる指や手の筋肉を動かしたり、感覚を司る重要な神経があります。手首にあるこの神経の通り道が手根管です。手根管症候群はこの通り道が何らかの理由で狭くなり、正中神経が圧迫をうけることにより起こります。ひどくなると手のひらや指に痛みやしびれを感じるようになり、さらに悪化すると筋力低下も見られるようになります。

手根管症候群の特徴

手根管症候群による痛みやしびれは、主に親指から薬指の親指側半分までの範囲で感じる傾向があります。前述のように、症状が酷くなると筋力低下が起き、握力が弱くなる症状が現れます。医学的には手術を勧められることもありますが、多くの場合、カイロプラクティックによる保存療法で良好な成果が期待できます。

手根管症候群の原因

手根管が狭くなる原因として、手首の骨の歪みやズレ、手根横靭帯による圧迫、長時間のパソコン作業、ホルモンバランスが変わりやすい産前・産後の女性、トライアスロンやロードバイクなどのスポーツをしている人は、手根管を圧迫されやすく症状がでやすい傾向がありますので、罹患するリスクが高くなります。また、転倒の際に手首を強く地面に着いたことのある方や、捻挫の既往がある場合もリスクを高めます。

手根管症候群に対するカイロプラクティックのアプローチ

西洋医学もカイロプラクティックも手根管に対するアプローチは同じで、手根管の空間を広げ神経の圧迫を取り除くことを目的としています。西洋医学は手術により靭帯を切除し、空間を広げようと試みるのが一般的です。一方、カイロプラクティックでは手根管を構成する骨の歪みや靭帯の柔軟性を高めることで手根管を広げます。多くの場合、手術を避けることができますし、実際に当院にご来院された患者さんで手術せざるお得ない状況になった方は一人もいません。前腕の骨である橈骨と尺骨、そして8つの手根骨を適切に調整し、手根横靭帯に対するARTのアプローチで安全かつ非常に望ましい効果が期待できます。

この手根管症候群で気をつけなければならないことは、手にしびれがあり医療機関で手根管症候群と診断された方でも実際は手根管に問題がないケースも少なくありません。その場合は手術をしても治りません。私たちは神経の専門家として手根管に問題があるのかどうか、もしくはそれ以外の問題があるのかどうかを精査し、最善のケアを提供いたします。

手根管症候群の症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら