副腎疲労を伴う肩こり、腰痛のため来院 43歳 女性 会社員 二子玉川在住

この症状は半年前から気になるようになった。いくつか病院を渡り歩き、「何も異常はない」と言われて来たが、明らかに疲労感が強く、睡眠障害が出てしまい、鬱傾向もあったため異常がないはずはないとインターネットで調べたところ副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)に該当するのではないか?と感じるようになった。やっとの想いで専門の病院に行き、コルチゾール量が少ないことがわかり副腎疲労があると診断された。しかし、回復までに時間がかかると説明をうけたものの、3ヶ月ほど治療を受けまだ体感できるほどの効果がないため、他の自然医学のアプローチも併用したいと考え、鍼灸や整体などを調べたところ、アクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川を見つけた。今までに整体やカイロを受けたことはない。

検査結果

・光や音への過敏性が高く、ドライアイの症状がある。
・痛みへの過敏性、筋肉の緊張も比較的高くなっている。
・便秘や下痢を繰り返し、内臓機能や免疫機能も低下している。
・上部頚椎、上部胸椎、骨盤関節に機能障害あり。

施術後の変化

約3ヶ月半、15回のカイロプラクティックのケアと食事療法、ヨガにより副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)による諸症状は80%以上改善し、腰痛や肩こりはほとんど感じないレベルにまで回復した。

担当カイロプラクター:和田のコメント

今回のケースは、隠れた現代病の代表的な問題である、副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)を抱えられた患者さんでした。副腎はコルチゾールというストレスに抵抗するためのホルモンを産生していますが、度重なるストレスがかかることで副腎は疲労し、コルチゾールを十分に作れなくなってしまいます。結果として、ストレスに弱くなり、強い疲労感、睡眠障害、集中力低下、身体のあちこちが痛くなる、鬱症状など様々な問題を感じるようになります。副腎疲労症候群はまだ日本であまり普及しておらず、原因がわからず苦しまれている患者さんが大勢います。私自身も20歳の頃から副腎疲労症候群にとても苦しみ、2、3年間試行錯誤しながら克服しました。比較的時間はかかりますが、適切なアプローチを行うことで基本的には改善・回復が期待できますのでご安心ください。

副腎疲労症候群でカイロプラクティックや整体をお探しの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティック二子玉川にお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら