ぎっくり腰(急性腰痛)について

痛みがなくなると多くの患者さんは「治った」と思ってしまいます。しかし、損傷した部位は明らかに弱くなっており、多くのケースで痛みをかばった姿勢により関節が歪み、周辺の筋肉は過緊張しています。このような二次的な問題を適切にケアしておかないと、気付くと違和感や痛みが出たり、再発を繰り返し慢性腰痛に移行します。

カイロプラクティックはぎっくり腰を適切にケアできる優れた治療法です。アメリカをはじめ、先進諸国による政府レベルでの研究によると、カイロプラクティックはぎっくり腰(急性腰痛)に対して最も効果的な選択の一つであることが明らかにされています。

ぎっくり腰(急性腰痛)の特徴

痛みがなくなると多くの患者さんは「治った」と思ってしまいます。しかし、損傷した部位は明らかに弱くなっており、多くのケースで痛みをかばった姿勢により関節が歪み、周辺の筋肉は過緊張しています。このような二次的な問題を適切にケアしておかないと、気付くと違和感や痛みが出たり、再発を繰り返し慢性腰痛に移行します。

カイロプラクティックはぎっくり腰を適切にケアできる優れた治療法です。アメリカをはじめ、先進諸国による政府レベルでの研究によると、カイロプラクティックはぎっくり腰(急性腰痛)に対して最も効果的な選択の一つであることが明らかにされています。

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因

主に重たいものを持ち上げる、朝顔を洗うために身体を前にかがめる、くしゃみや咳をするような急激な負荷が原因となります。日常的なデスクワークや運動不足の場合、筋肉や関節の柔軟性を損ない支持性も低下しているため、ほんの些細な負荷により損傷を起こすこともあります。

「何もしてないのに急に痛みが出ました」と訴える患者さんは、多くの場合この例に当てはまります。そのため、日々筋肉と関節の柔軟性を高め、筋力を落とさないようウォーキングやジョギング、ヨガ、ピラティスなどの運動を定期的に行うことがぎっくり腰を起こさない秘訣です。当然ながら、カイロプラクティックのケアにより、筋肉と関節の柔軟性を高め、身体のバランスを維持・向上させるためにとても良い選択となります。

ぎっくり腰(急性腰痛)に対するカイロプラクティックアプローチ

状態にもよりますが、一般的に受傷後3日以内であれば急性炎症が起きていますので、まずはアイシングを行い炎症を抑えます。その後、できるだけ早期に関節の機能障害を調整し、筋肉の柔軟性を高め、リハビリを行います。「できるだけ早期に」がとても重要な鍵で、早期回復と再発防止につながります。痛みがあるからといって、長く安静にしてしまうと機能障害が残り、慢性腰痛へ移行するリスクが高まります。多くの患者さんが必要以上に安静にしてしまい、受傷後しばらく経ってからご来院される傾向がありますが、この点は大きな間違いであるとしっかり理解される必要があります。

カイロプラクティックにより適切なケアを行うことでぎっくり腰は早期に回復し、再発防止につながります。ぎっくり腰でお悩みの方は、世田谷区・二子玉川にあるアクティブ・エイジング カイロプラクティックにご相談ください。

ぎっくり腰(急性腰痛)の症例報告

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

キャンペーン情報はこちら

初見料3,000円無料・初回施術1,000円off

ご予約・お問い合わせ

TEL:03-6312-4223

WEBからのご予約・お問い合わせはこちら

※治療の質を第一に、初診は1日1名様に限定させていただきます。